恋は雨上がりのように 7巻

71FnZMIWNeL.jpg

バイトのシフトを多くいれるあきらにやりたい事を優先してもいいと気遣う店長を逆に突き放してしまうあきら。陸上への想いの間で揺れ動き、陸上用具を全て捨ててしまおうともしますがやはり捨てられません。葛藤しながらも店長への気持ちは変わらずバイトに明け暮れます。一方店長はそんなあきらのことを好きだと気づいて…。季節は冬に移り変わり2人の関係にも変化が訪れる第7巻!

あきらは走ることには未練があるのかもしれませんがそれに伴う周りの期待や自分の思い描く理想と不安があるのかもしれませんね。喜屋武はあきらを幼い頃から見ているので走る事が本当に好きだと思っていますが後輩たちは陸上での記録でしかあきらを見ていないように思えたのでそれがあきらには苦痛なのかもしれません。

後輩たちがバイト先に来て表面は笑顔でも心なしか表情が曇るあきらに思わず店長はフロア担当を変わってあげます。そういうちょっとした変化を見つけられるくらいにあきらの事を見ている事に気づいた店長は自分があきらのことを好きなんだと気づいて次巻へと続きます。

あきらは店長の気持ちは知る由もありませんが一応両想いにはなったわけで今後お互いの関係がどうなるか楽しみです。好きだと気づいてもふと心の中でそう気づくだけでしたし表面的に何か変わるというわけではないと思いますがそうした心情の変化の描き方がいいですね。そういえば何気に店長の苗字は初めて出た気がします(笑)今回は喜屋武の事が気になるサッカー部の先輩も登場したりしましたがあきらの陸上への未練や店長があきらに対する気持ちに気づくという物語の転換点が描かれた巻でした。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


恋は雨上がりのように 7 (ビッグコミックス)
眉月 じゅん
小学館 (2017-03-10)
売り上げランキング: 23
恋は雨上がりのように 6 (ビッグコミックス)
眉月 じゅん
小学館 (2016-10-12)
売り上げランキング: 3,514

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment