ゴールデンカムイ 10巻

51H_Vpa6aaL.jpg

第七師団に捕まってしまった白石を救うため杉元・土方混成チームが白石奪還作戦を決行!場所は第七師団の総本山・旭川第七師団本部。別にいなくても困らない気がする白石を救出する意味はあるのか!(笑)一方、杉元たちを追う谷垣一行も厄介ごとに巻き込まれて…色々な要素がぶち込まれた和風闇鍋ウエスタン、大台の第10巻!


今回は狩猟グルメ要素は少なかったですね。前回杉元達が偽アイヌ達から救った村の女性たちに料理はごちそうになりましたけど。熊をも倒すチンポ先生こと牛山が何気に一番人気なのが驚きです。子種だけでも置いていきたい牛山を引きずって去りますが三本目の足を引きずった跡が残っているのが笑えます。

メインが白石の奪還作戦のためかシリアスよりはギャグ寄りで全体的にハイテンションなノリでした。土方と内通していたことが杉元にバレることを恐れる白石は連行中に騒ぎを起こして逃がそうとする土方とキロランケの思惑とは裏腹にまったく逃げようとしません。普段冷静なキロランケのツッコミが珍しいですね(笑)土方とキロランケという珍しい組み合わせですがやはり土方はキロランケをパルチザンだと疑っている感じです。

鶴見陣営にも新キャラが登場します。薩摩隼人の鯉登少尉は自顕流の使い手で興奮すると早口の薩摩弁でまくしたてます。精悍な顔つきですが鶴見中尉のプロマイドを持ち歩くほどなので江渡貝君寄りかもしれませんね。以前土方に足を切断された二階堂はしぶとく生きていてモルヒネをやりすぎて増々おかしなキャラとなっています。さらに隠し銃付きの義足をもらったので再び杉元の前に現れそうです。

白石を何とか救出するも銃で撃たれて負傷した杉元。追っ手がかかる中で天候の崩れた大雪山をアシリパとエゾシカの体内でしのぎつつ次巻に続きます。そして次巻も何やら怪しげな展開になりそうです(笑)杉元探検隊が見たものとは一体…


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 

ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2017-03-17)
売り上げランキング: 16
ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2016-11-18)
売り上げランキング: 2,575

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment