はんなりギロリの頼子さん 3巻

71MwSj67xeL.jpg

世界有数の観光地・京都の一角にあるたばこ屋の店番・頼子さん。ぶっきらぼうな物言いと鋭い眼光に初対面の人は恐がりますが実は観光客に道案内やオススメの場所を教えてくれるちょっと不器用だけど優しいお姉さんです。そんなギロデレな頼子さんの起源やこれまでほのめかされていた過去の話、飲み友達から急接近する男性の登場など頼子さんの周辺が騒がしくなる第3巻!


今回は迷える観光客を助けるよりも地元民との交流?が多かったですね。京都民ならではの京都カーストなども描かれます。頼子さんはそうした京都特有の文化に否定的な態度を取ってますが住んでる場所を聞いて思わず顔に出てしまったりもします。やはり1000年の都ですから脈々と受け継がれてしまっている部分もあるんでしょうね。正月に親戚一同で集まったりと面倒も多そうです。

頼子さんの行きつけの店で働く古川さんはふとしたきっかけで飲み友達になってからはちょくちょく一緒に飲みに行くようになります。1月3日という誰もが忘れやすい頼子さんの誕生日を覚えていてプレゼントをくれたりと頼子さんもちょっと意識しだしていい雰囲気ですね。古川さんが働く市場に行く時はいつもご機嫌だったので普段の頼子さんを見たらそのギャップに驚きます。買いに行った時はいつも機嫌がよかったのを知らされてテレくさそうにする頼子さんも可愛いです(笑)

頼子さんと古川さんの仲が進展しそうな中で友人の池上さんから元夫が乗っていた車を見たと聞かされ、今はもう関係ないという頼子さんですがバッタリ再会してしまって…という所で続きます。これまでも少しずつ過去の話が語られてきましたが次の巻で全て明らかになるのでしょうか。そして過去の話と共に古川さんとの今後の進展も気になります。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


はんなりギロリの頼子さん 3 (ゼノンコミックス)
あさのゆきこ
徳間書店 (2017-03-18)
売り上げランキング: 1,177
はんなりギロリの頼子さん 2 (ゼノンコミックス)
あさのゆきこ
徳間書店 (2016-08-20)
売り上げランキング: 19,648

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment