少女聖典ベスケ・デス・ケベス 1巻




男性とまともに話もできない内気な女子中学生のゆいかの前に現れたのはゆいかの心の内に眠るスケベ心が化身となったサービス妖精ケベス。彼の提案で次々と巻き起こるスケベハプニングにゆいかの本能は暴発寸前!さらにケベスクラブなる謎の部活との対決や鎌倉のケベス使い、北条三姉妹の野望を阻止するために鎌倉へ飛んだりと近年まれに見るケベスラッシュに見舞われます。果たしてゆいかは群雄割拠のケベス戦争を勝ち抜き次世代の女傑へとなれるのか!?

潔いほどのバカバカしさでしたね(笑)下ネタのギャグ漫画で笑っていた昔を思い出すような懐かしさもあります。決して絵が上手いわけではないとは思いますが恥じらうゆいかが可愛いです。その後に男の全裸をガン見したりもしますが(笑)

下らない話なのに歴史上の人物にまで関連させるほどスケールの大きさも感じさせます。各方面からの苦情も多そうですね。鎌倉市からは大丈夫でしょうか(笑)

これまでの作品は見たことがないのですが掲載誌を見ると読んでいるはずなんですよね…(笑)絵が独特なので立ち読みだと飛ばしてしまっているかもしれませんが少なくともこの作品は当たりでした。こういうノリは嫌いじゃないです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment