きつねとパンケーキ 3巻

51-nEYQd_7L.jpg

獣娘のコン達も3年生。あっという間に成長していくコンにパパの和巳も頼もしく思いますが一人前になれないと山へ帰ってしまうと恵那から聞かされたことも頭によぎりコンを一人前に育てられるか不安に思います。そんな時、家出同然に家を飛び出して疎遠になっていた実家から電話がきて…和巳の両親や上級生の獣娘、赤ちゃん獣娘も登場し、獣娘の存在理由も徐々に明らかになる第3巻!


母親からはこれまでも説教されたりとたまに連絡はきてましたがコンが来てからは話してないようで子育てについての不安を打ち明けます。親ならみんなそうだと言われて気が楽になる和巳でしたが思わぬ孫の存在に大興奮する母親に別の気苦労が増えました(笑)

別の回では両親の所へ遊びに行きますが和巳は完全に母親似でしたね。父は厳格で和巳は苦手でしたがやはり孫に弱いのはおじいちゃん共通で一度打ち解けるとコンを可愛がります。海で遊んだ時はおじいちゃんとコンのペアでバルちゃん達と対決してましたがノリノリでしたね(笑)

恵那からは父親が決まるまで赤ちゃんの獣娘を預かって欲しいと突然頼まれてイノシシのウリちゃんがやってきます。コンに懐くウリちゃんにまるで姉妹のように仲良くなる2人でしたが別れの時はやってきます。父親は同じマンションなのですぐに会いに行けますけど(笑)わんぱく過ぎるウリちゃんを世話するにしては貧弱そうな見た目の塩見さんに和巳は不安を感じます。恵那はそういう人でないとダメだと言いますが…

子育てについて直接助言はしてはいけないと恵那から言われた和巳とコンは塩見さんを元気づけるためにコン達の学芸会に招待します。それでも子育てに自信を失う塩見さんに和巳がコンが来たばかりの頃の話をします。今とは違って引きこもりで他人に関心もない無気力男子な和巳のネグレクト気味な話を聞いてそれを反面教師にやる気が出る塩見さんでした(笑)

一番まともそうなユメちゃんのパパも悪い女に騙されてはパン屋の開店資金を渡してしまうというダメ男だったことが明らかになります。その時に公華が言った獣娘はダメ男の特効薬じゃないんだからというのが意外と核心を突いているような気がしますね。実は公華が担当する父親は色々と問題を抱えた人が多くて獣娘が来たことで改善することが多いということを聞かされます。

ただの獣が獣娘になる場面があったり、恵那の考える今後の計画にコンが関わってくるかもしれないという含みを残しつつ次巻へ続きます。問題を抱えた独身男性と獣娘の関係が少しずつ明らかになってきました。エリィちゃんのパパは市長みたいですけどエリィちゃんが来たから市長になれたんですかね…(笑)問題ある父親ばかりというわけではないのかもしれません。獣娘の謎が解明されつつもコン達の可愛い日常も存分に描かれた巻でした。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


きつねとパンケーキ(3) (まんがタイムコミックス)
遠山えま
芳文社 (2017-04-07)
売り上げランキング: 5,117
きつねとパンケーキ (2) (まんがタイムコミックス)
遠山 えま
芳文社 (2016-03-07)
売り上げランキング: 17,798

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment