侵略!イカ娘 22巻(完)



侵略!イカ娘 22(少年チャンピオン・コミックス)

終わらない夏休みについに終わりの時が!?海を汚す人間共に復讐するために地上を侵略しに来たイカ娘、理想とは裏腹に一向に侵略は進まずに海の家れもんの壁の修理代のために働かされたり、遊んだりする毎日。そんな日も修理費が完済してついに終わりが!解放されて嬉しいはずなのにどこかしっくり来ないイカ娘は…ずーっと真夏の侵略コメディ、最終巻!

最終巻といっても急展開になるわけでもなく壊した壁代の完済はするもののやっぱりいつも通りのイカちゃんの日常で終わります。でも残り2話では長い夏休みが終わってしまうような寂しさがありました…。実際に栄子たちの夏休みも終わるので残った宿題に焦りますが彼女以外は1週間前にはしっかり終わらせていたのでした(笑)

カラー描き下ろしではタコ娘こと梢が再登場します。漫画だと最初の頃に登場したっきりでしたっけ?彼女もまた謎の娘ですが結局正体は明かされないままでしたね。人間の新キャラではなくて梢みたいな人外キャラを増やしていったらまた違う展開になっていたかもしれませんね。最近は人外ものも多いですし。

早苗のイカちゃんに対する偏愛は当然最後まで届きませんでした(笑)結局何もしないことが一番イカちゃんが喜ぶことなんですが自分の欲望に忠実な早苗にそれはできませんでしたね。普通に栄子と一緒にいたり、清美と遊ぶ時にいたりする分には金ヅルとして…いいと思います(笑)おまけカットのようにエビ怪人でヒーロー役のイカちゃんと戦ってあげたら喜ぶんじゃないんですかね。

清美は最後まで天使なキャラでこの漫画の清涼剤でしたね~イカちゃんや友人達以外に年上のシンディや古川さん、看護師の瑠璃さんもその清らかな目にお世辞や嘘はないとして素直に褒められて喜びます。自分が褒められるのは慣れていないので照れてしまうのがまた可愛いですね。

千鶴と吾郎、栄子と磯崎という前者はともかく栄子と磯崎という意外な組み合わせも最後にできました。といっても栄子と磯崎はちょっと匂わす程度だったんですが以前もゲーセンデートしてたりとお似合いではあったのでその先も見たかったですね。千鶴と吾郎は特に進展はありませんが以前隠し持っていた千鶴の写真を見られてもお返しに吾郎の写真を撮ったりといい雰囲気だったんではないでしょうか。こちらもその後が見れなくて残念です。後日談的にはヘタレな吾郎に待ちかねて千鶴が逆プロポーズするなんて展開が見えますね(笑)

イカちゃんの身につけてる腕輪で体重をコントロールできるなんて設定も初期の頃にありましたね。全自動掃除機に体重を軽くして乗るイカちゃんが可愛いです。もしかして幼稚園の夏祭りで園児たちに自分を神輿で担がせた時も軽くしてたんですかね。園児たちに担がれてふんぞり返るイカちゃんはいい表情でした。園児くらいだったら支配者として君臨できそうです(笑)

ビニール傘の回もそうですが前のエピソードや設定を絡めた話も多かったですね。ネタ出しに苦労して以前のエピソードと絡めたりしていたそうですがあとがきにもあるようにオールシーズンでの日常なら季節ネタもありますし夏限定という制約もありませんからもっと楽にかけると思います(笑)

初めての連載で約9年続けてきたそうですしすぐに新作というわけにはいかないと思いますがまた戻ってくるのを待ってます!


  








侵略!イカ娘 22(少年チャンピオン・コミックス)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment