うちのクラスの女子がヤバい 3巻(完)

61nUEuLSbnL.jpg

思春期の女子限定で発動する無用力。その力を持つ女子ばかりが集められた1年1組では女子同士の友情、それを見守る男子との恋、特殊な空間の場でも様々な青春の時を過ごしています。落ち着きのないクラスにイラつく無用力のない沐念さん、男子だけど無用力が目覚めたリュウと鱈橋の微妙な関係、卒業しても無用力が残る教育実習生…そして1年が過ぎ去ろうとする時、ウィルコさんの寂し気な表情の意味は…ちょっと不思議なスクールガールズコメディ、完結!


基本的には無用力が発現する経緯などが描かれたらあとは本編に少し絡む程度なのでもう少しそれぞれのキャラのエピソードも見たかったですね。以前から登場していたリュウと鱈橋の関係が進展したりしますが他のキャラもその後の学園生活を見たかったです。今回登場した沐念さんはサバサバして可愛かったのですがこの巻で完結なのが残念ですね。

これまでも無用力について何かと物知り顔だったウィルコさんの秘密がついに明かされます。教室で眠るとその場所、視点限定で7年間の教室を見る事ができる小窓の無用力からそのすべての教室にウィルコさんがいることに気づきます。果たしてウィルコさんの正体は…教育実習生で来た鳩子先生やその同級生が誰か1人思い出せないと言っていたのも伏線だったんですね。

不思議な能力だけどたいした能力じゃない、でもそれがかえって友情や恋を実らせるきっかけにもなったりして無用力というほど悪いものでもなかったように思えます。結局は考え方次第ということですね。ウィルコさんのような能力ではどうしようもないかもしれませんがそれもクラス全員の協力で打ち破れましたし結果として無用力を持つ女子が集められたことで男女共に結束が強くなっていたように思います。

友情あり、恋愛あり、ちょっと不思議な話ありで楽しめた作品だったのですがこれで終わりなのが寂しいですね~無用力を利用しようとする藤堂センパイなどの話ももう少し見たかったですが…また次の作品を楽しみにしてます。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


うちのクラスの女子がヤバい(3)<完> (マガジンエッジKC)
衿沢 世衣子
講談社 (2017-04-17)
売り上げランキング: 2,855
ちづかマップ 1 (フラワーコミックス〔スペシャル〕)
衿沢 世衣子
小学館 (2012-08-09)
売り上げランキング: 82,739
SatoShio(1) (Kissコミックス)
講談社 (2014-05-02)
売り上げランキング: 46,774
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment