アオイホノオ 17巻 被害者の会小冊子付特別版

71oBtPecSUL.jpg

原作付きでの連載が決まった焔、原作者は大御所の雁屋哲!知識も技術もないド新人の焔はよく分からないまま流されるだけで…。そしてカラーページの塗り方を教わりに大物漫画家新谷かおるの下へ。そこで聞かされる漫画界の禁断の知識とは!?連載100回記念に特別冊子「アオイホノオ被害者の会」も同時発売される第17巻!


ガンダムを原作付きで連載すると三上さんから聞かされた焔ですが渡された原作はスーパー忍者が活躍する近未来SFでした(笑)小学館がガンダムを分析したらスーパー忍者になったと持ち前のポジティブさで自分の考えが及ばないところで動いている大手出版社を持ちあげますが褒め殺しにも聞こえますね。

原作を読んで内容をイメージする焔ですが実際の「風の戦士ダン」の絵ではなくて池上遼一先生風になってましたね。これはこれで面白そうですが濃密すぎる原作を32Pにまとめないといけない焔はまだ勝手が分からず苦悩しつつ、次巻へ続きます。

新谷かおる先生の下ではカラーの塗り方を教わる際にはそれ以外の事も色々と教わります。事務所へ行く前に三上さんからカラーの塗り方以外は教わってはダメだと釘を刺されますがそれは新人漫画家が見習ってほしくない部分も多々あるからでした(笑)以前三上さんが受けた仕打ちを見るとよくわかりますね。原作通りに描かなくてもいいとか〆切直前になるまで原作がこないこともあるなど漫画界の怖さも教えてくれます。原作が来る前に描いてしまうなんてことはすでに成功している漫画家だから許されるという部分もあるかもしれませんが出来た作品がつまらないと評価された時に責任を負うのは漫画家ですもんね。三上さんが恐れる禁断の知識はある程度察しがつきつつも教わる事がなかった焔ですが色々と魅力的な事も教わって大阪へ戻ります。

そして連載100回を迎えたアオイホノオの特別企画として限定版には作品に登場した業界の皆さまからの苦情が載った小冊子が付属しています(笑)支援者の会として応援してくれる人もいますけど。でもこれがきっかけで同窓会が開かれたり、過去の作品が電子書籍で読まれたりと悪い事ばかりではなさそうですね。やはり筆頭はあだち充先生と高橋留美子先生でした。プロデビューしてから焔があだち先生や高橋先生と出会う所も描かれて欲しいですね。燃えよペンなどでは出てましたけど。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


アオイホノオ 16 (少年サンデーコミックススペシャル)
島本 和彦
小学館 (2016-10-12)
売り上げランキング: 5,065

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment