デンキ街の本屋さん 14巻

61TBtOBp3zL.jpg

ひおたん、涙のわけは…カントクに訪れる大きな転機とは…!?恒例のつもりん女子力チェック…はもう古い!?これからの時代は母力!…って何?店長が開発したソムリエロボに存在理由を問われるソムリエは…。進路に恋に悩む腐ガちゃん、ソムリエの事をもっと知りたくて…。うまのほねメンバーに変化と決意が訪れる、笑いあり、涙ありの14巻!


母力チェックではひおたん、カメ子、腐ガちゃんと各々の母力を発揮しますがやはりここでも先生ちゃんは落第生となってしまいます。一番母性溢れるのはひおたんのようですが食住で攻めるカメ子もいいですね。それにしても店長の嫌われ方がひどい(笑)

海雄くんの妹、そらと腐ガちゃんの弟、タイシに恋の予感も…あるかと思いきやタイシが感じていたものと腐女子に目覚めたそらが見ていたものは違うものでしたね。一瞬いい雰囲気かと思ったのですけど(笑)

海雄くんと先生の関係性は相変わらずですが腐ガちゃんとソムリエの仲は進展していきます。そしてひおたんとカントクは…想いを伝えたもののやっぱり異動という話になりましたね~実は担当フロアが変わっただけ…というオチにでもなるかと思ったのですがカントクは博多店へ店長として異動となります。仕事を引き継いでいたひおたんがカントクに代わってフロアリーダーとなって次巻へ続きます。そして何と次巻で最終巻のようですね。恋に笑いに色々な経験を経て少しずつ成長していったうまのほねメンバーがどんなフィナーレを飾るのか…母力チェックなどギャグをやったかと思えばひおたんとカントクの涙の別れがあったりと振り幅が大きいので最終巻も目が離せません。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


デンキ街の本屋さん 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
水あさと
KADOKAWA (2017-05-23)
売り上げランキング: 1,177
デンキ街の本屋さん 13 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
水あさと
KADOKAWA (2016-11-21)
売り上げランキング: 12,908
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment