くーねるまるた 12巻

71or_vGpp4L.jpg

季節は冬へと移り変わりクリスマスにお正月、そしてバレンタイン!?イベント目白押しの季節でもマルタさんは相変わらず食いしん坊で…。美緒子さんの意外な一面、神永さんと由佳さんの東西お雑煮対決、由利絵さんの過去の失恋話…仲良しの友人やご近所さんに囲まれて楽しくおいしく過ごす12巻!

今回はアパートの住人以外にも以前にマルタさんがお仕事を手伝ったりしていた人達が多く登場していました。無職のマルタさんとしては臨時収入の他に美味しいものも食べれたりするので大事な生命線でもあります(笑)もちろん人との繋がりを大事にしているからこそだと思いますけど。

美緒子さんは学生時代に東南アジアにバックパッカーをして周っていたという意外な過去が明らかになります。現在は図書館の司書をしていてどちらかといえばインドア派なイメージを持っていたマルタさんは驚きます。オススメの絵本などを教えてくれたり、小説に出てくるアサリと白菜の小鍋立てを偶然同じ日に作ろうとしたりと性格的には一番マルタさんと気が合う仲ですよね。

性格は正反対でも意外と一緒にいることが多い神永さんとはお正月に帰省しなかった由佳さんと共にお雑煮を作って食べますが関東風の味付けに納得のいかない由佳さんが関西風のお雑煮を作って正月早々東西対決に。一瞬緊張が走るマルタさんですがどちらもおいしいということで丸く収まります。

バレンタインには神永さんの姪っ子の小夜ちゃんがチョコが苦手な気になる男子のためにマルタさんにポルトガルの伝統菓子の作り方を教えてもらいに来ます。チョコをあげる習慣は日本だけですしマルタさんにはチョコを渡すというのはあまりピンとこないかもしれませんね。一方神永さんは渡される男子の心情の方をよく理解してました。意外と学生時代では女の子の方にモテててたりして(笑)

上野に美術館そのものを見学しに行ったり、井の頭公園のさらに奥のお宝スポットに行ったりと東京のいい所も再発見できます。お金がないので近場にしか行けないというのもありますけど東京にはまだまだ見知らぬお宝スポットもありますよね。美味しいものを食べるマルタさんとそのロケーションも楽しめます。

描き下ろしにはマルタさんやアパートの友人達の日常の1コマを切り取って描かれてます。そしてオチに使われる神永さんでした(笑)



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


くーねるまるた 12 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
高尾 じんぐ
小学館 (2017-05-30)
売り上げランキング: 314
くーねるまるた 11 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
高尾 じんぐ
小学館 (2017-01-30)
売り上げランキング: 5,467

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment