やがて君になる 4巻

61KahR2-dLL.jpg

燈子の念願だった生徒会劇の脚本も完成し、夏休みには練習合宿をすることになった侑たち。自分のことを好きにならない侑が好きな燈子、そんな燈子に対する気持ちの変化が芽生え始める侑、完璧になろうとする燈子を支えようとする沙弥香…それぞれの思いを秘めながら合宿へ臨む3人。しかし、そこで燈子は追い求めていた亡き姉の姿とは別の一面を聞かされて…

前回侑から燈子についての人となりを聞いて台本の参考にしようとした叶さんですが侑は表面的な部分しか言ってないはずなのにその洞察力で見事に燈子の内面を描いた台本を作ってきました。もちろん本人は意識しているわけではないですが内面を知っている侑や沙弥香、そして燈子本人も驚きを隠せません。

夏休みには劇のために合宿をすることになりますがそこで生徒会OBの市ヶ谷さんが稽古をつけてくれます。理子先生と同じ市民劇団所属で最初は渋ってましたが生徒会劇というのを聞くと二つ返事で引き受けます。彼は燈子の姉・澪と同じ生徒会役員で幼い頃の燈子と面識もあり、姉との思い出も話してくれます。そこで彼が話す姉の学校での姿は燈子がなろうとしていた理想の姉の姿とは違っていて…

これまで追い求めていた理想が揺らぎ始めて思い悩む燈子に侑が燈子のために動き始めようとして次巻へ続きます。これまでは燈子に振り回されていた侑が積極的な姿勢を見せましたね。具体的には劇の脚本の結末を変えようと叶に連絡するのですが劇中で結ばれるはずの沙弥香の心中も気になります(笑)これで脇役の侑と結ばれる台本に叶が変えたらちょっと波乱な予感もします。

生徒会劇をきっかけに物語が動き始めるような展開を見せた今回ですがそんな中でお風呂シーンもあったりします。いわゆるサービスシーンではあるんですが入浴時以外にも女の子同士で脱衣所でソワソワする姿がいいですね。寝る時も3人それぞれの葛藤があってカバー裏の堂島くんが思うようなキャッキャウフフではありませんでした(笑)

燈子が自分自身の事を好きになってもらいたいと侑が願うのは自分も燈子を好きになりたいからという気持ちもあるんでしょうね。燈子を変えたいと思う侑の気持ちの今後の変化にも注目です。

既刊の感想はこちら


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)
仲谷 鳰
KADOKAWA (2017-06-26)
売り上げランキング: 127
エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー
フライ 伊藤ハチ 缶乃 仲谷 鳰 平尾アウリ ほか
KADOKAWA (2017-06-26)
売り上げランキング: 646
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment