「京都でいちにち いちにちを、丁寧に、真剣に暮らしている少女達がいます」 舞妓さんちのまかないさん 2巻

71or448yHpL.jpg

舞妓さんを目指して上京してきたものの、挫折して屋形のまかないさんとして働くことになったキヨ。一方、一緒に舞妓さんに憧れて上京した幼馴染のすーちゃんはいよいよ舞妓さんデビューが近づいて来て…!?華やかな花街を舞台に日常のごはんを通して温かな人間模様が描かれるお台所物語、第2巻!


1巻では回想でのみ登場していたキヨの幼馴染のすーちゃんことすみれが満を持して登場です。これまでまったく顔を合わせていなかったので違う屋形にいるのかと思っていたのですが同じ屋形だったみたいですね。しかし、顔を合わせていないというのには理由がありました。一日も早く舞妓さんデビューを目指すすーちゃんは常に自分に厳しく稽古をしているため会ってもほとんど話す機会がなかったのでした。

とはいえ、久しぶりにキヨと話す姿は変わりない感じで舞妓さんを挫折したキヨとの確執などは特になさそうです。むしろ毎日キヨが尽くしてくれていることに感謝してそれに恥じないような舞妓さんになろうとします。キヨもそんなすーちゃんを自分のことのように誇らしく思っていて周りからすーちゃんが褒められているのを聞くと嬉しそうですね。

そんなわけで今回はすーちゃんの舞妓デビューの話が中心でした。花街一の舞妓さんになる!とちょっと気負いすぎな感じもあるすーちゃんですが目まぐるしく変わる環境の中で青森の頃と変わらないキヨの存在がすーちゃんの心の支えとなってくれています。食事面でも色々とサポートしてくれますが食べたいと思ったものが出てくるのは嬉しいですよね(笑)キヨちゃんのからあげがうまそうでした。

舞妓さんとなって髷を結うと1週間そのままで生活するためデビュー初日は眠れなかったり、携帯を持ってない、舞妓さんの格好でコンビニには入れないなど華やかな姿の影には色々な苦労も描かれています。見習い期間とデビュー後の帯の締め方が違ったりと舞妓さん知識も色々とあっていいですね。

次巻ではお正月にキヨとすーちゃんが青森へ帰省する話が描かれるようです。舞妓さんの正月休みはどれくらいなんでしょうか。のんびり過ごすのかすぐに京都へ戻るのか…どちらにしてもキヨは変わらなそうですけど(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


舞妓さんちのまかないさん 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-07-18)
売り上げランキング: 675
舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-04-12)
売り上げランキング: 4,022
ちろり 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2012-02-10)
売り上げランキング: 21,477
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment