「オレはお前が作った味噌汁が好きだからいいんだよ」 味噌汁でカンパイ! 4巻

51wxb9b6hHL.jpg

もうすぐ善の誕生日。だけど善にとっては母親を失った苦い記憶の日でもあって…一方、八重は善の母親がよく作っていたという「おふくろの味」味噌汁の再現に挑戦!?母親代わりとして頑張る八重が善にひざまくら、調理実習では作り慣れているはずの味噌汁に新事実!?まだまだ奥が深い味噌汁と2人の関係もちょっと前進?なハートフルお味噌汁漫画、第4巻!


表紙からいきなり恥ずかしくも羨ましい、ひざまくらをされる善くんです(笑)母親から子供にはもう少し甘えてほしいと聞いた八重が善にひざまくらを提案します。好きな女の子のひざまくらという魅力的な言葉にいつもの羞恥心やプライドは吹き飛びますがそれも当然ですよね。そんな甘々な2人ですが話としてはお母さんの思い出や善の誕生日におふくろの味を再現しようとする八重の奮闘、それに感謝する善など心温まる展開でした。

新キャラには家庭科の二見先生が登場します。美人ですがクールでキリッとしている見た目のため憧れる女子、怖がる男子と評判は様々です。しかし、ふと善と八重の会話を聞いて身悶えするなど乙女チックな一面も見せます。生徒のプライバシーは尊重すべしと関わろうとはしませんが今後も登場して欲しいですね。

そんな二見先生の調理実習に張り切る八重ですがいつものかつおと昆布の合わせ出汁ではなくてにぼし出汁でとると聞いて焦ります。さらににぼし出汁の方が味噌汁に向いていると聞いた八重はこれまでの自信が打ち崩されます。その落ち込みを見ていた善が八重に「お前が作った味噌汁が好きなんだからいいんだよ」と言うのですがこのセリフを二見先生が聞いていたわけですね。そんな善の言葉に八重はもっと自分の味噌汁を好きになってもらいたいと色々な味噌汁に挑戦したりもします。

ちょっと身長が伸びて成長する善を前までは寂しく思っていた八重ですが今は嫌ではなく、一緒に成長していければいいなと思いつつ5巻へ続きます。中学生になって大人っぽくなる子もいる中でまだまだ子供な八重ですがひざまくらに実は照れていたりと多少気持ちの変化も出てきた感じですかね。季節は冬へと変わっていくようなので温かい味噌汁が美味しい季節となりそうです。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


味噌汁でカンパイ! 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
笹乃 さい
小学館 (2017-08-10)
売り上げランキング: 1,469
味噌汁でカンパイ! 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
笹乃 さい
小学館 (2017-01-12)
売り上げランキング: 8,331

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment