「やっと気持ちを伝える日が来たんだと思ってるよ」 さよならサンカク 1巻

91qTTFIDbtL.jpg

小学生からずっと一緒だった陸、唯奈、奏真の3人。高校生になってもこの関係は変わらないと思っていたけれどある告白がきっかけで3人の関係が歪に変化していき…傷つき、壊れて、また築く…三角関係再生ストーリー、第1巻!


「放課後ミンコフスキー」、「咲いたコスモス コスモス咲いた」の帯屋ミドリ先生がLINEマンガで連載中の作品です。タイトルの通り、3人の幼馴染が三角関係に発展していくのですが…これが本当の三角関係!?(笑)恋愛漫画であれば1人の女の子をイケメン2人が取り合うような状況を三角関係と言うのだと思いますがこの作品では見事に好きな人の方向を繋いだ結果が三角になります。つまり、奏真→唯奈→陸→奏真…というわけですね。

実は唯奈は中学生の頃に陸に告白をしていて2人は付き合っていたのですが周りには内緒にしてほしいと陸が頼みます。高校生になると奏真が唯奈に告白しますが唯奈は陸と付き合っていることを理由に断ります。しかし、その告白の場に居合わせた陸が唯奈以上に奏真のことが好きということを告白して事態が一変することに…。2人が付き合っていたという事実以上に陸からされた予想外の告白で頭が混乱する奏真、陸と付き合っていたはずなのに奏真の方が好きと目の前で彼氏に告白された唯奈も同様で1人満足気な陸。この告白をきっかけに3人の関係がギクシャクしたものになっていきます。

唯奈は陸にベタ惚れで陸の告白後も葛藤するものの陸の「女の子の中では一番好き」という言葉にある程度満足しているようです。そして奏真に嫌われたくないという陸の言葉を受けて奏真に3人で付き合おうと提案するところで続きます。こうなると幼い頃に陸が話していた「3人で結婚したい」という言葉が現実味を帯びてきます。さらに陸が所属する美術部の鳥田先輩はある言葉がきっかけで奏真に殴られた陸のキズを見てちょっかいを出します。陸が忘れたスケブを見て3人の関係に気づいた鳥田先輩の存在はさらにこの関係を複雑にしていきそうですね。陸が取り乱す顔が好きなようで少し歪んだ感情を持っていそうですが今後3人にどう絡んで来るでしょうか。

前作とは打って変わって複雑な恋愛模様が描かれていきそうな感じですね。唯奈の提案を受け入れるのか、奏真が1人葛藤するのか…友人の美穂や鳥田先輩の今後の動向も気になります。タイトルの通り三角関係にサヨナラすることになるのか…また来て四角(関係)に発展したりするかもしれませんね(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


サヨナラさんかく1 (LINEコミックス)
帯屋ミドリ
日販アイ・ピー・エス
売り上げランキング: 20,191
放課後ミンコフスキー(1) (ヤンマガKCスペシャル)
帯屋 ミドリ
講談社 (2015-01-09)
売り上げランキング: 183,051
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment