機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ 6巻




ミネバ誕生の式典がソロモンで行われ、その警護の任に当たるマツナガ大尉。ザビ家が集まるこの機会を狙って連邦軍はザビ家一掃を目論みます。艦隊を囮にしてV計画の一端であるプロトGファイターで単身ソロモンに突撃します。一般兵らが翻弄される中マツナガ大尉とガトー大尉の06R型が迎撃します。

ドズル専用ザクも登場して自らプロトGファイターの前に現れます。ドズル専用ザクといったら大型のヒートホークですが新兵器としてさらに巨大なジャイアントウォーハンマーが登場します(笑)自分が命を狙われているのに新兵器の試験も兼ねて出撃するのが何ともドズルらしいですね。相打ちに持ってかれて漂流中ですけど。

表紙は幼少時のハマーンと姉のマレーネですが本編ではあまり出番はありませんでしたね。ルウムで家族を失ったプロトGファイターの開発主任でパイロットに買って出たオスカーは単身ソロモンへ潜入して復讐のためにゼナとミネバの命を狙います。

連邦側では紅茶が大好きなグリーン・ワイアットが作戦の指揮を取ってました。奇跡の生還を果たして大将に返り咲いたレビル将軍に対して対抗心を燃やしていてレビル将軍の反抗作戦が実行する前に戦争を終わらせると息巻いてます。

どうでもいいですがドズルの副官であるラコック大佐がイケメン化してますね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment