プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

新刊 PICK UP 2
過去ログ +

2018年 02月 【22件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【47件】
2016年 04月 【50件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【40件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【40件】
2013年 01月 【36件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【49件】
2012年 10月 【41件】
2012年 09月 【48件】
2012年 08月 【52件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【37件】
2012年 04月 【38件】
2012年 03月 【43件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【45件】
2011年 11月 【31件】
2011年 10月 【40件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【20件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

「イチロー、覚醒の時!」 少年ラケット 11巻

2017/08/13 23:06:09 | 少年誌系コミック | コメント:0件

81BTZ1gwRfL.jpg

春季大会2回戦。S1の城島と泥谷兄とのフルゲームまでもつれ込んだ熱戦の行方は…そしてS2のイチローと泥谷弟の対決ではイチローの過去のトラウマで大ピンチ!?ヒロのアドバイスから眠っていた記憶も甦り、覚醒したイチローの反撃が始まる!紫王館との戦いの前に新たな強敵も現れる11巻!


泥谷弟は実は泥谷兄を越える実力を持っていてイチローを追い詰めます。彼の実力もありますがイチローが苦戦している要因には相手のユニホームの炎の柄にありました。火事で両親を失ったイチローはそれを見ると足がすくんでしまいます。周りはそれに気づくものの、本人は自覚がないため炎の柄が見えないポジショニングをするようにヒロがアドバイスをするとその時にふと左手にラケットを持ち変えたことで急に動きが見違えります。

その指導をしていたのがヨルゲンと同じ卓球部のべるので彼女はイチローの試合を見てその事をヨルゲンに教えます。2人に接点があることは示唆されますが核心には触れないままべるのは去ってしまいます。何よりイチローが動揺してしまうかもとヨルゲンはイチローと戦うまで黙っている事にします。泥谷弟は見開きのドアップがあったり、恐れるイチローに死神のイメージで描かれたりと恐怖キャラでしたがイチローが覚醒してからは噛ませ犬となってしまいましたね。兄とは再びエースの座をかけて切磋琢磨することを誓うので再戦する時はまた強くなって戻ってくるといいですね。まだ1年生ですし。

結局ポイントゲッター2人を倒した森原中が橙山中を下し、次も勝てばいよいよ紫王館!となるわけですが3回戦では以前紫王館の校内戦で出会った和久津率いる藍天大付属中が立ちふさがります。校内戦で見た紫王館メンバーと見劣りすることのない強敵にエースのヒロを欠いて挑むことになりますが…というところで続きます。藍天の監督がすでにイチローの左手の弱点を見つける一方でセイさんもそれに気づいてヒロにオーダーの変更を伝えます。それがどう功を奏すか楽しみですね。

それにしてもスポーツ漫画にはありがちですが藍天のメンバーの中には中学生に見えない連中もいます(笑)現実にも中学生離れした選手もいるんでしょうけど久々湊なんて人間すら止めている雰囲気です。とはいえ他の面子も実力は本物でS1の城島は早くも1セットを取られてしまいますが巻き返しとなるでしょうか。正直ダブルス組やキャプテンにはあまり期待できない気がするのですが…



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


少年ラケット 11 (少年チャンピオン・コミックス)
掛丸翔
秋田書店 (2017-08-08)
売り上げランキング: 3,301
少年ラケット 10 (少年チャンピオン・コミックス)
掛丸翔
秋田書店 (2017-05-08)
売り上げランキング: 14,616

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/3943-7ab1cc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)