「青春野球漫画の伝説が蘇る!」 プレイボール2 1巻

51cjMfUr0JL.jpg

未完のまま終わった「プレイボール」がコージィ城倉先生により続編として復活!強豪チームとの練習試合で惨敗し、そこから這い上がろうとする所で終了したラストからの続きがそのまま描かれる。墨谷二中歴代キャプテン(谷口・丸井・イガラシ)が墨高に勢揃いし、夏の公式戦に向けて新たな物語の幕が上がる!


プレイボールの続きをコージィ城倉先生が描くということで一番気になるのは絵柄だったのですがイラストなどを見ていたらかなり近い雰囲気だったと思います。本編を見るとやはりコージィ先生っぽい感じが出ていますがそこまで違和感はないですね。

原作を読んだのがかなり前なのでラストシーンは覚えているものの、OBの田所がスカウトしてきた新入生の井口の存在は忘れていました。今回は夏の公式戦に向けて新チームの編成をする谷口ですがそこに第3の投手の必要性を感じて軟式で全国制覇をしたイガラシ、そのイガラシを苦しめた井口、2人の1年生ピッチャーを使おうか悩みます。今回はその辺をメインに話が進んでいきます。

この井口が才能はあるけどちょっと問題児で「キャプテン」でいうところの近藤みたいな感じなんですよね。近藤が入部した時は谷口は卒業してしまっていて直接関わったことはなかったのでそんな問題児を谷口がどう扱うかというのも見物です。その前に丸井や倉橋辺りが怒鳴りつけるんですけど(笑)丸井は良くも悪くも谷口信奉者なので後輩などに対しても谷口が言う前に注意してくれます。中学時代は近藤に手を焼かせられた丸井なので井口の世話も焼いて成長させていくかと思いましたがこの井口もやっぱり一筋縄ではいかないキャラになりそうですね。

コージィ先生の描く谷口は相変わらず努力、努力の人ですがちょっと策士な部分も見せます。それが意図的にしたものなのかはまだ分かりませんがその辺は「おれはキャプテン」の霧隠みたいですね。時代を感じさせるのはようやく金属バットが導入され始めたというところで墨高ではまだ竹バットを使っています。1本くらいは買えるのではと井口が言うとウチでは使わないとキッパリ断言して続きますがその谷口の意図も気になりますね。ところで昔のアニメでは普通に金属バットを使っていたような…

賛否両論はあるとは思いますがまずはプレイボールの続編が読めることが嬉しいです。ちばあきお先生もコージィ城倉先生も好きな身としては原作の良さを残しつつ、コージィ先生のプレイボールを描いてくれればいいと思います。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


プレイボール2 1 (ジャンプコミックス)
コージィ城倉
集英社 (2017-08-18)
売り上げランキング: 2,061


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment