「あの刹那をもう一度感じたい…それがまだ生きる理由」 機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻

51_J-g06X7L.jpg

南洋同盟のクローディアらを捕虜として水中要塞ドロスへと帰還するダリル。その帰路の中でクローディアと面会したダリルが彼女の中で見たものは…一方、クローディアがダリルの手に渡ったことを知ったイオは!?イオとダリル、サンダーボルト宙域から惹かれあう2人の運命が再び動き始める第10巻!


レヴァン・フウの側近であるクローディアを捕虜としたダリルですがクローディアとの邂逅でカーラを連れてジオンを抜ける決意をします。それは記憶が戻っても再び悪夢が繰り返されるだけのカーラを救うためであると同時に再びガンダムと戦いたいという自分自身のためでもありました。今回はまだ脱出する手前ですがダリル小隊の面々もついて行くことになりそうです。

一方、イオはあと一歩のところで水中都市リグからの脱走兵たちを捕える事ができずに荒れています。宇宙と違い、重力下では武器の積載量に限界があるアトラスガンダムを扱い切れてないイオにビアンカはベテランパイロット達がアトラスガンダムのサポートをする運用を考案します。初めはバラバラだったチームも少しずつチームワークが良くなっていきそうですね。モニカ参謀とパイク艦長に呼ばれたイオはリグでクローディアがダリルの手に渡った瞬間の画像を見せられてモニカに対して激昂します。パイク艦長にのされたイオは独房へ入れられますがモニカの意図は高性能MSを与えられながらも思った以上の成果をあげていないイオにサンダーボルト作戦の成否がかかる重要なパーツだという自覚を促すためでもありました。ビアンカのフォローもあってイオも一皮剥けるでしょうか。

そしてこれまでスパルタン内部に潜んでいたスパイの正体もついに発覚!それはまさかの人物で…これは本誌で読んだ時には驚きましたね~ということはクローディアの生存も知っていたんでしょうか。もともとというわけではなくてやはり一年戦争で悪夢を見て、それでも戦争を続ける連邦とジオンに救いを求めた…という感じですかね。南洋同盟に合流してサイコ・ザクを手に入れようとするダリル、彼を殺すまでは退場するつもりはないと復讐に燃えるイオ、両者の運命が大きく動き出そうとするところで続きます。

今回は水上都市での作戦終了後なのでMSのシーンは訓練ぐらいですが物語としては転換点になってる感じですね。地上に降りてからはまだ直接出会ってない2人ですが目的地は同じなので出会う時も近いかと思います。新たな機体で再戦した時にどんな戦いになるか楽しみですね。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


機動戦士ガンダム サンダーボルト 10 (ビッグコミックススペシャル)
太田垣 康男
小学館 (2017-08-30)
売り上げランキング: 40
機動戦士ガンダム サンダーボルト 9 (ビッグコミックススペシャル)
太田垣 康男
小学館 (2017-01-30)
売り上げランキング: 12,817

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment