「夏なのに雪!?原因は…寝坊?真琴の学校には先輩魔女も登場!」 ふらいんぐうぃっち 6巻


魔女見習いの千夏が魔法を使えるようになったのでみんなでお祝いをすることに。圭の家のお祝い事(青森だけ?)でよく焼くものとは…?もう7月だというのに真琴たちの家だけ大雪に!?それはある人?の寝坊が原因で…学校では先輩魔女も登場!魔女の依頼で一緒に魔法生物の捕獲作戦!?青森を舞台にのんびりとちょっと不思議な魔女の日常が描かれる第6巻!


千夏の初魔法のお祝いには圭たちの家でもつを焼くことになります。夏になるとよくやるようですが秋田出身の犬養さんは知らないとのことで青森だけなのか、圭たち周辺の風習なのか…(笑)なおや杏子も特に驚いた様子はなかったですね。特に修行のようなことをしなくても魔法は使えるようになることは以前語られてましたがすでに媒介具を使える千夏は茜から見ても才能があるようです。

以前に春の運び屋さんが登場しましたが夏が訪れる頃には夏の運び屋さんが現れます。春の運び屋さんはそのまんまの姿で登場して千夏をビビらせましたが夏の運び屋さんは人間の姿で登場します。仕事モードでは元の姿に戻りますけどそれだと春の運び屋さんの方がまだ人間っぽいですね(笑)秋、冬の運び屋さんも少し会話に出てきましたし今後登場しそうです。

学校に遊びに来てしまったチトとケニーの行動が発端で2年生の先輩魔女・鹿角小夜も登場します。同年代の魔女と出会ってはしゃぐ真琴に対して使い魔を自由にさせてたり、大っぴらに魔女の正体を明かしてしまっていることについて魔女としての自覚を持ちなさいと叱責します。険しい目つきと厳しい言動で怖い先輩かと思いきや面倒見がよかったり、メールでは絵文字を多用したり、虫が苦手だったりと見た目とのギャップが可愛い先輩です。今回は魔女の依頼でも一緒に行動しましたし学校も同じなので今後も出番がありそうですね。正体については茜もわりと大っぴらにしてる気がしますが魔女界では有名な茜と会った時の小夜がどうなるか気になります。

今回の魔女の依頼は前回の子守りと比べると難易度が高めですがそのために小夜と一緒に依頼をこなします。これまでも魔女らしいことをしていましたがこうした仕事が舞い込んでくるとより魔女っぽい気がします。道を迷わせる魔法生物を捕まえることになるのですが方向音痴の真琴にとっては天敵とも言える相手ですね(笑)捕獲作戦は経験を積んでいる小夜と真琴の意外な特技?で思ったよりはあっさりと捕える事ができました。庭いじりも無駄ではなかったですね。

表紙では杏子の後ろ姿と涼しげに川遊びをする真琴たちが描かれていますが本格的に夏に入るのは次巻となりそうです。本編でも暑くなったら海に行くような話をしていたので次巻では水着姿にも期待したいところです(笑)



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


ふらいんぐうぃっち(6) (講談社コミックス)
石塚 千尋
講談社 (2017-09-08)
売り上げランキング: 65
ふらいんぐうぃっち(5) (講談社コミックス)
石塚 千尋
講談社 (2016-11-09)
売り上げランキング: 3,971

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment