「京都で日々真剣に暮らして、あっという間に一年が経ちました。」 舞妓さんちのまかないさん 3巻

51xQOX1Si1L.jpg

舞妓さんになる夢は挫折したものの、屋形のまかないさんとして舞妓さんたちの生活を支えるキヨ。一方、一緒に上京してきたすーちゃんは同期で一番早く舞妓さんデビューを果たして忙しい毎日を送っていてる。そんな故郷を離れて頑張る2人も年の瀬を迎えて実家の青森へ帰省することに…。華やかな花街でふつうのごはんを通して温かな人間関係が描かれるお台所物語、第3巻!


今回は年末年始を中心に描かれてました。花街ではクリスマスはあまり関係はなく、イルミネーションなどもありませんが多少それっぽいものもあるようです。お客さんからはケーキをもらったりもするのでまったくクリスマスを感じられないわけではないですがすーちゃんはケーキはもらえずじまいでキヨがあまりものでフルーツサンドを作ってくれます。

舞妓さん達は普段はコンビニやファーストフード店にも入れないので舞妓さんをお休み中のお正月は人気スポットのようです(笑)キヨは普段から入れるのですが機会がないのでみんなと一緒にファーストフード店に入ります。普段は紅が取れないように小さめのおにぎりなどを食べるのですがこの時ばかりは舞妓さんはお休み中なのでおもむろにハンバーガーにかぶりつきます。

仕事始めには気合を入れてミートソースを朝から作りますがハネたら大目玉とのことでしたしせめておまけページのラザニアとかの方がよかったんじゃないんですかね(笑)年の瀬を迎えて短い休暇も束の間、仕事始めとなると花街の表舞台、裏舞台も一斉に動き始めます。

ほんの一年前までは青森でくるみを割っていたすーちゃんもデビューを果たして舞妓さんとしての一年が始まります。青森に戻っても方言が戻らなかったすーちゃんはすっかり舞妓さんとなった一方でキヨは青森でも京都でも変わらずですがそれがすーちゃんの心の支えでもありますね。キヨのしょんぼり顔が結構可愛くて好きです(笑)次回も屋形の裏骨を支えるキヨの活躍に期待です。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


舞妓さんちのまかないさん 3 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 449
舞妓さんちのまかないさん 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-07-18)
売り上げランキング: 2,885
舞妓さんちのまかないさん 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
小山 愛子
小学館 (2017-04-12)
売り上げランキング: 4,840

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment