辻浦さんとチュパカブラ 4巻




怪力UMA好き少女、辻浦さんとその秘密を知ってしまったため偽装カップルとなったぼっちの優。優を振り向かせようと積極的にアタックしてくる橘さんと辻浦さんに一目惚れしたお金持ちの早乙女くんも登場して繰り広げられる四角関係ラブコメディ、完結巻です。

前巻の続きで海へ遊びに来ている辻浦さん達でしたが早乙女くんの誘いで洞窟の探検に出かけます。洞窟へ行く途中にはぐれてしまって探しにいきますが姿は見えず…優は辻浦さんが行こうとしていた洞窟を探してみます。

前回橘さんの猛烈アタックで落ちかけた優でしたが今回は辻浦さんとのお肌の触れ合いがありました。まったく何と羨ましい…(笑)そこでこれまでもお互いに異性として気になり始めていた2人は余計に意識し始めます。どちらか選べという早乙女くんの意見はもっともですがこれは選べませんね(笑)その辺は恋愛ゲームばかりをやっていた優ならではの結論で結局最終回でもどちらを選ぶわけではありませんでした。いずれは選ばなくてはならないかもしれませんが今はまだそれを含めた楽しい日々を少しでも…という感じですね。まぁ、辻浦さんに出会うまでは灰色の人生だったわけですしね。でもいきなりの人生大逆転過ぎです(笑)

途中でよく登場する土門と組んでバンドを優と早乙女くんがやり始めた時はどうなるかと思いましたがこれまでぼっちだった優に友人ができて、バイトもやって…と少しずつ変わっていきます。これまでゴミ扱いされていた妹の奈々子とも普通に会話するようになりました(笑)

チュパカブラ要素は少なかったですけどラブコメとして十分面白かったと思います。4巻で終わるのは寂しいですがもしかして2巻で終わるんじゃ…とも心配していたのでここまで続いてくれてよかったです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment