超級!機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン!7巻 最終決戦編 1巻




ついに最終決戦編に突入!ネオホンコン編最終巻との同時発売です。

ガンダムファイト予選ネオチャイナ代表のサイサイシーとの対決も佳境を迎えます。ピンチに陥ったドモンに父の声が聞こえ、真の力を解放してダブルドラゴンの両腕を破壊!決着はついたように見えましたがサイサイシーも亡き父の悲願を果たすために命を賭して究極奥義を使います。果たしてその決着は…

ネオホンコン編と最終決戦編は明確に分かれているわけではないですがネオドイツ代表のシュバルツの正体やデビルガンダムに隠された裏事情なども明らかになってきます。そしてシュバルツの新しいパートナーにも注目です(笑)

本調子でないゴッドガンダムにアドバイスをするシュバルツ達のやり取りはまさしく島本先生節ですよね。ドモンも弟子入りしてきたアレンビーに気を取られて、いつも世話を焼いてくれていたレインの大切さにいなくなってようやく気付いたようです。今度はアレンビーがいなくなってしまいましたけど。

最終バトルロワイヤルではまたしても途中でデビルガンダムとその四天王が立ちふさがります。ここに来て新シャッフル同盟が力を合わせてドモンを助けます。サイサイシーは前回の戦いでかなり傷ついてましたけど普通にピンピンしてましたね(笑)

東方不敗からデビルガンダムを使った真の目的を知るドモン、兄キョウジの代わりにデビルガンダムに乗れと言われますがそこにシュバルツ改めキョウジが現れて彼が起こしたデビルガンダムの一連の真相を話したところで2巻へと続きます。最終決戦ということなのでこれが最終章となるでしょうがやはり7、8巻程度続く感じですかね。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment