ポケドル 1巻




山奥で父親と武者修行に明け暮れていた黒河内ミサは新聞広告に入っていたアイドルオーディションのチラシでキラキラ輝いている女の子達に憧れ、かつてはアイドル界の頂点に君臨していたグループ「ポケドル」に入るため単身上京します。しかし、そこで待っていたのはかつての栄光はすでになく、アラサーアイドルの百瀬ゆき(変態)を残してあとはミサ達新人アイドル4人だけだった!群雄割拠のアイドル戦国時代にミサ達は生き残れるのか…

笑顔が苦手なクールキャラだと思っていたミサがただの脳筋キャラになっていってしまいましたね(笑)こういう場合は無表情の中で見せる笑顔が可愛かったりしますがミサの笑顔はテレビで放送できないレベルです。

新人アイドル達を引っ張る先輩アイドルのゆきりんですが年の差はミサ達の倍なためジェネレーションギャップを感じたりします。立ち上がる時に「よっこいしょ」と言ったり、ジャンプするとちょっと尿漏れしたりと色んな意味でギリギリアイドルです(笑)女の子大好きで世間知らずのミサによくセクハラしてます。

みかんは普通の女の子が選ばれるポケドルで自分を変えたいというちょっと人見知りな常識人です。京都訛りが可愛いですね。みやびはちょっとヤンキーが入った女の子ですが大家族で弟妹を面倒を見る優しい子です。おっとりお嬢様のありすは何不自由ない家ですが家族との関わりが薄いのでそんなみやびを羨ましく思ってます。ぺた~んなメンバーが多い中で唯一のお色気担当ですかね(笑)

現在のトップアイドルグループとの対決があったりしますが今の段階では全く相手になりません。そんな時、ゆきりん以外のかつてのポケドルメンバーを追いだしたドS幼女アイドルプロデューサー白鳥が現れて2巻へと続きます。

変態アラサーアイドルのゆきりんだけが何で残っているかが謎(ポケドルを愛しているからという理由はあるようですが)ですがトップアイドルグループの電撃少女のメンバーである美咲が実はゆきりんの大ファンだったりするので白鳥Pもそのクチだったりするんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment