老女的少女ひなたちゃん 1巻

老女的少女ひなたちゃん1

見た目は幼女、頭脳は老女、その名はひなたちゃん!

某組織の薬によって小さくされた 88歳の天寿を全うしたとよばあちゃんはふと気づくと赤ん坊に生まれ変わっていました。おばあちゃんの時の記憶はそのままなのでほうじ茶を縁側で飲んだり、漬物が大好きだったり、油断すると方言が出たりと知識は豊富ですが周りからはおばあちゃんみたいと言われます。時に親をも驚かせる生活の知恵を披露しますが自分は何で生まれ変わったのか疑問に思い始めます。そんな時同じ幼稚園にひなたと同じく老女的少女が登場します。

ひなたの割烹着姿や「~だっぺ」とか方言が出ちゃったりするのが可愛いですね。先生が喉の調子が悪いと聞くと家でこっそり大根あめを作ってきたり、幼稚園になってる梅で梅干しを作ったりしちゃいます(笑)おばあちゃんの作る梅干しはしょっぱいんですよね~僕も正直苦手です…梅酒ならいいんですけどね。

お兄ちゃんと一緒に映画に行った時は行き慣れぬ都会に驚いてばかりでした。方言バリバリで畑も作ってたようですから地方に住んでいたみたいですけど今は都会なので自動改札機、エスカレーター、ウォッシュレットなどと出会って戸惑ってます(笑)

ところどころで前世の記憶が甦ったりするのでその辺がやり残した事で転生した感じでしょうか。何度か孫の姿が現れて上手く接して上げれなかった部分を後悔してたりもしてましたし。同じように転生した咲夜とも仲良くなりつつも自分たちが転生した理由を探していくことになりそうですね。


老女的少女ひなたちゃん 1巻
ノース・スターズ・ピクチャーズ (2015-11-11)

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment