プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

新刊 PICK UP 2
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

過去ログ +

2018年 10月 【22件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【27件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【44件】
2016年 04月 【47件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【39件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【35件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【47件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【45件】
2012年 08月 【36件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【33件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【21件】
2012年 01月 【28件】
2011年 12月 【39件】
2011年 11月 【24件】
2011年 10月 【36件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【17件】
2011年 07月 【25件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【19件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

ゴールデンカムイ 15巻 通常版 【極寒の地・樺太で俺より強い奴に会いに行く!】

2018/09/19 21:20:00 | 青年誌系コミック | コメント:0件

71amzdf5pfL.jpg


アシリパを追って樺太へ渡った杉元たち。そこで北海道では見たことのない狂暴な生き物に遭遇する!さらに屈強な男たちが並んで殴り合うロシアの伝統的な競技・スチェンカに杉元たちも参加することになって…!?極寒の地で熱き血潮が乱れ飛ぶ第15巻!


前回、鯉登少尉に襲いかかってきた動物はクズリで通称ウルヴァリンと呼ばれています。アメコミヒーローでもお馴染みですね。体長はそんなに大きくないですが素早い動きとその狂暴さで杉元たちを翻弄します。

そこで出会ったアシリパの情報を知る少女・エノノカと犬ぞりで移動しますが途中の村ではトラブルに巻き込まれ…たというか招いたというか(笑)ロシアの伝統的な競技・スチェンカに参加することになります。扉絵がK-1風な雰囲気で日本VSロシアの肉肉しい戦いが始まるのでした。それっぽいセリフやキャッチコピーが笑えますね。ちなみに鯉登少尉は「薩摩の奇公子」となっていました(笑)

スチェンカの場には刺青囚人・岩息舞治も登場します。もう刺青囚人は出てこないかと思いましたがそんなことはないようです(笑)決して好戦的というわけでも極悪人というわけではないですがスチェンカは自己表現の場だして強い人間と戦うことに意義を見つけようとするある意味純粋で歪んだキャラでした。何となく姉畑の肉体派バージョンな気がします(笑)あちらほどぶっ飛んではいないと思いますけど。

ロシア式蒸し風呂・バーニャの入浴シーンや裸でくんずほずれつなど今回も相変わらずサービス?満点でしたね。最近ギャグ担当になりつつある谷垣や鯉登少尉もスチェンカでは大和魂を見せて活躍します。ラストには鶴見中尉の側近で先遣隊にも参加している月島軍曹の過去回もありました。そこでは鶴見中尉が負傷する前の姿も…前頭葉が欠けてからちょっと奇行が多くなったんですかね(笑)

月島軍曹はロシア語が堪能だったり、大柄のロシア人にも負けなかったりと登場初期から徐々にその有能さが明らかになってます。今回はかなり月島軍曹にスポットが当たっていました。彼もまた鶴見中尉に利用されているようですが…尾形が月島に以前言っていたことはあながち間違いではなさそうですね。

アシリパは父の死について気持ちの整理がついていませんが杉元に関しては死んでいないと信じています。白石も落ち込むアシリパを元気づけたりと今は一緒にいてくれると心強いです。精神的に不安になっていますしそこを尾形たちに付け込まれないか心配ですね。早く杉元と再会できるといいのですが…

話としては進展はあまりありませんでしたが岩息との対決や月島の過去などバトル、ギャグ、シリアスなど毎度のことながら絶妙なバランスで描かれていていました。二階堂はさすがに網走で死んだと思ったのですがまだ生きていたんですね。杉元以上の不死身かもしれません…最終的には半分以上機械の体になっていそうです(笑)



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ  


ゴールデンカムイ 15 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2018-09-19)
売り上げランキング: 10
ゴールデンカムイ 15 アニメDVD同梱版 (マルチメディア商品)
野田 サトル
集英社 (2018-09-19)
売り上げランキング: 154
ゴールデンカムイ 14 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2018-06-19)
売り上げランキング: 864
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/4400-76dc3cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)