プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

新刊 PICK UP 2
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

過去ログ +

2019年 03月 【20件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【38件】
2018年 11月 【41件】
2018年 10月 【41件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【27件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【45件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【44件】
2016年 04月 【47件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【39件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【35件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【47件】
2012年 10月 【39件】
2012年 09月 【45件】
2012年 08月 【36件】
2012年 07月 【34件】
2012年 06月 【32件】
2012年 05月 【33件】
2012年 04月 【35件】
2012年 03月 【39件】
2012年 02月 【21件】
2012年 01月 【28件】
2011年 12月 【39件】
2011年 11月 【24件】
2011年 10月 【36件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【17件】
2011年 07月 【25件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【19件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

さよならローズガーデン 1巻 【私を殺して・・・薔薇の庭で綴られる秘密の物語】

2019/01/10 21:14:00 | 百合漫画 | コメント:0件

81jmmkstR2L.jpg


1900年イギリス、憧れの作家に会うためにはるばる日本からやってきた九條華子であったが素性を明かしていないこともあって冷たくあしらわれてしまう。その様子を見ていた貴族令嬢のアリスは彼女を令嬢付きメイドとして雇い入れる。しかし、アリスにはある思惑があって・・・愛が、家族が、社会が荊だった時代、夢を抱く少女と秘密を抱える貴族令嬢の秘密の物語。

英国貴族の令嬢と日本から来た少女が秘密の花園で繰り広げる甘い百合物語・・・かと思ったらそうではないようで(笑)当時イギリスでは同性愛は禁忌とされていてそんな時代背景が誰からも愛されるアリスの心を悩ませます。

一方、華子は憧れの作家には会えませんでしたがアリスにメイドとして拾われて、大きな書庫を持つアリスのお屋敷住みとなって日々を過ごします。しかし、ある日アリスからある条件を叶えてくれれば憧れの作家に会わせてあげると言われて・・・という感じでも物語が展開されます。

素性を明かさない作家の本を出している出版社で華子とアリスが出会ったということはその正体は・・・自ずと分かりますよね(笑)冒頭で書いたようにただ甘い百合模様というわけではなく、同性への愛が禁忌とされた時代に関係を紡いでいくアリスと華子の姿が描かれていきそうです。

真っ直ぐ心根の華子にアリスの疲れ果てた心が癒やされていき、次第に友情から愛情へと変わっていくと思われますがアリスの婚約者の存在や時代背景などが大きな障害となっていきそうでもあります。でも障害が大きいほど燃えるという部分もありますよね(笑)異国間百合、お嬢さまとメイド、文学少女・・・色々な要素が美麗な絵柄に盛り込まれていて目の保養にもなります。決して露出が多いわけではないんですけどね~

まだ同性同士の恋愛に対して厳しいイギリスで華子とアリスが選ぶ道は・・・続きも楽しみです。

毒田ペパ子先生の作品は「てんぴん」以来なんですよね~他の作品は原作を知らなかったりで読んでいなかったのですがてんぴんの続きは見たかったです。今作は2巻以降も見ていきたいですね。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ  にほんブログ村テーマ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
                     漫画、マンガ、まんが、コミック


さよならローズガーデン 1 (BLADE COMICS pixiv)
毒田ペパ子
マッグガーデン (2019-01-10)
売り上げランキング: 1,482
てんぴん (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
毒田ペパ子
マッグガーデン (2014-04-14)
売り上げランキング: 328,676
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/4543-cf9f9eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)