がっこうぐらし! 6巻




アニメも大反響放送中のサバイバルホラー第6巻です。学園生活部として学校でサバイバル生活をしていたゆき達ですが救助?に来たヘリの墜落による火災で学校も被害にあいます。教室なども被害にあったこともあってゆき達は学校を卒業することを決めます。悩んだ末に決めた進路は聖イシドロス大学!新たな学校を目指すゆき達に待ちうけるものは…

新キャラに幼女が登場して場が和むかと思いきや今回も重いです(笑)今回は大学に着くまででそれまでの道のりで遭遇する出来事が描かれます。偶然入ったカーラジオで1人放送をしている女性の声を聞いて彼女が公開する住所に向かいますが…放送中にせきをしてましたしそれが初期症状なんですかね。最後に遺したメモがかゆ…うま…状態でした。

いつもみんなのまとめ役でしっかり者のりーさん。ゆきも同学年ですがお姉さんのように慕います。しかし、ヘリの墜落辺りから精神的な疲れが見え始めます。これまでプライベートの事を話さなかったりーさんですが実は幼い妹がいて、これまでその事をゆきを妹のように可愛がることで思い出さないようにしてきたと告白します。そんな時くるみを襲ってきたゾンビについていた小学生のSOSのメモ。りーさんは普段みんなを抑える役とは打って変って無謀な救助に行くことを提案します。

そこで助けたのが表紙の女の子るーちゃんですが何となく嫌な予感がするんですよね…ゆきとめぐ姉みたいな感じというか。りーさんがかなり精神的にまいってたり、くるみとみーくんの態度やとあるシーンの構図などからめぐ姉と同じ匂いを感じます。ラストで大学に入った途端警告をしてきた輩がボウガンを撃ってきてそれがりーさんとるーちゃんに…という場面で7巻へと続きますがもしかしたらその時に答えが分かるかもしれません。それとくるみの手が冷たいという伏線も気になりますね。

ゆきは学校を出てからもこれまで通り自由奔放に行動しますが以前よりも頼れる感じになっています。廃墟のコンビニをテキパキ掃除したり、りーさんを励ましたりとしっかりしてきた部分もありますがゾンビが徘徊している校内で大声を出そうとしたりと状況を理解しているわけではなさそうです。

原作がまだ終わってないのでアニメは学校内でのエピソードで完結すると思いますがどういう結末になるか楽しみです。ヘリが救助に来るとかならいいんですけどこれからもがっこうぐらしは続いていく!みたいな感じだとハッピーエンドではないですよね(笑)


がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:海法 紀光(ニトロプラス) 作画:千葉 サドル
芳文社 (2015-08-11)
売り上げランキング: 21,619

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment