鋼鉄奇士シュヴァリオン 4巻(完)





力の暴走により巨大化してしまったシュヴァリオンレッドこと烈人。一方郊外の大穴から見つかったデスユニバースの兵器を破壊しに行った蒼太達はその巨大兵器に吸い込まれて閉じ込められてしまいます。戦隊ヒーローが巨大ロボに乗り込むのではなく自ら巨大化して敵のボスと戦う!?最終回の続きを描いたヒーローが真に迎える最終回とは!

ラストでとうとう烈人の素顔が見れました。戦隊モノのレッドらしい熱血漢な感じでしたね。でもこれまでの抜けてるイメージがあるので素顔にちょっと違和感があります(笑)さくらも変身が解けてずっと眠っていた烈人が目覚めて笑顔が増えます。烈人は怒った顔のイメージしかなかったようですが変身していた時もかなりデレていたと思いますけどね。

蒼太達もそれぞれの道を進んで上手くやっているようです。ドン・ミレニアムはいつの間にか市長に収まってました(笑)悪は滅びたわけですから烈人達の出番はもうないかもしれませんが新たなる脅威が生まれるやもしれませんしそのための環境作りかもしれませんね。市民の税金で(笑)

サンレッドのようにダラダラした日常を描くというわけではなくてデスユニバースを倒した後も1人だけ変身が解けなかった烈人を元に戻すという理由があったので終わり方としてはこれでよかったんですかね。もう少しレッド状態での日常も見たかったのですし黄梨ちゃんの活躍ももっと見たかったですね~(笑)黄梨ちゃんも烈人の事が好きだったような感じでしたしさくらとの三角関係なんかもあったらよかったかな。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment