プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。最近は購入本数少なめ。自転車通勤を始めたことをきっかけに週末に色々と出かけたりするようになったので自転車関連記事もたまに書いてます。


当サイト(KONの徒然日記 新館)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

新刊 PICK UP 1月16日~31日
ツイッター始めてみました
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

過去ログ +

2023年 02月 【3件】
2023年 01月 【22件】
2022年 12月 【25件】
2022年 11月 【27件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【22件】
2022年 08月 【26件】
2022年 07月 【26件】
2022年 06月 【21件】
2022年 05月 【26件】
2022年 04月 【23件】
2022年 03月 【26件】
2022年 02月 【25件】
2022年 01月 【27件】
2021年 12月 【29件】
2021年 11月 【27件】
2021年 10月 【26件】
2021年 09月 【23件】
2021年 08月 【37件】
2021年 07月 【39件】
2021年 06月 【38件】
2021年 05月 【28件】
2021年 04月 【35件】
2021年 03月 【49件】
2021年 02月 【31件】
2021年 01月 【35件】
2020年 12月 【38件】
2020年 11月 【40件】
2020年 10月 【36件】
2020年 09月 【38件】
2020年 08月 【38件】
2020年 07月 【40件】
2020年 06月 【40件】
2020年 05月 【39件】
2020年 04月 【39件】
2020年 03月 【48件】
2020年 02月 【41件】
2020年 01月 【32件】
2019年 12月 【39件】
2019年 11月 【35件】
2019年 10月 【43件】
2019年 09月 【41件】
2019年 08月 【43件】
2019年 07月 【34件】
2019年 06月 【41件】
2019年 05月 【37件】
2019年 04月 【45件】
2019年 03月 【39件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【38件】
2018年 11月 【41件】
2018年 10月 【41件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【23件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【42件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【42件】
2016年 11月 【42件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【36件】
2016年 08月 【43件】
2016年 07月 【42件】
2016年 06月 【49件】
2016年 05月 【38件】
2016年 04月 【46件】
2016年 03月 【39件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【43件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【43件】
2015年 10月 【43件】
2015年 09月 【33件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【47件】
2015年 05月 【37件】
2015年 04月 【40件】
2015年 03月 【57件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【38件】
2014年 11月 【34件】
2014年 10月 【40件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【44件】
2014年 06月 【34件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【43件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【22件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【34件】
2013年 06月 【34件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【55件】
2013年 02月 【30件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【35件】
2012年 11月 【44件】
2012年 10月 【33件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【28件】
2012年 07月 【24件】
2012年 06月 【28件】
2012年 05月 【23件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【28件】
2012年 02月 【17件】
2012年 01月 【21件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【19件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【16件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【14件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

ブロとも申請フォーム

禍つ罠師の勇者狩り 1巻 【元社畜の神罠師がダンジョンで勇者たちをハメまくる!】

2020/04/18 09:31:40 | 集英社系コミック | コメント:0件

91HLLj9ytuL.jpg


かつては神罠師と称賛されていたゲームクリエイターの越前創太だったがあまりの鬼畜ダンジョンに会社のSNSが炎上、上司と衝突して会社を辞めることに。その瞬間、意識が遠のき異世界へと召喚される。彼を招いたのは勇者に襲われる魔王の娘・ソフィだった。自分たちの正義を押しつける人間たちにソフィから力を授かった創太は罠を生成して立ち向か羽目になり・・・神罠師が勇者相手に挑むダークファンタジー、第1巻!

「℃りけい」「東京自転車少女」などのわだぺん。先生の新作です。これまでの作品は女の子たちがワイワイキャッキャしているゆるふわ日常系だったのでそれとは真逆のダークファンタジーとあって試し読みで読んだ際は少し不安もあったのですが単行本で読んでみると思った以上に面白かったです。

他の作品もゆるふわな雰囲気でありつつ、時には大げさすぎるほどのリアクションや熱く語る部分も多くあったので意外とこういうバトル系にもマッチしていますね。

主人公の創太は少しこじれた部分もあり、突然巻き込まれて成り行きということもありますが独善的な人間に一方的に駆逐される弱い魔物たちに味方することになります。勇者たちを罠にハメまくりたいという自身の欲求もありますが・・・魔王自体は弱くて罠で勇者を撃退するのはゲームの「勇者のくせになまいきだ」みたいですね(笑)

創太の罠生成魔法は魔王・ソフィから与えられたスティグマ=魔核によるものでソフィが近くにいることでより強力な罠を生成できるのですが人間に不信感を抱くソフィは創太の事をまだ信頼していません。何とか2人の仲を取り持とうと側近のブレパスが色々と画策してお約束なサービスシーンも。

ソフィを始め女の子たちの可愛さは他の作品同様に安心ですね。ただ、勇者たちは男女関係なくわりと容赦なく創太の罠にかけられてむごい殺され方となりますが(笑)そんな創太も勇者の敵討ちに来たイカれた白魔法師・ベローチェの毒牙にかかるピンチに・・・という所で続きます。ブレパスに諫められて創太と協力しようとする気配が見られるソフィにこんな場面を見られるとますます人間不信になりそうですね(笑)

グロシーンもありますがエロあり、ほのぼのありでわだぺん。先生の新境地が見られました。いるかが大好きなばちのこ太郎似のケルベロスも登場していました(笑)ソフィが心を許せば創太にも懐くようです。ソフィはかなりテンプレなツンデレ美少女なので意外とチョロそうですが創太も意地っ張りな部分もあるので2人のつかず離れずな関係も楽しめそうです。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/5149-9d2a79d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)