プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。最近は購入本数少なめ。自転車通勤を始めたことをきっかけに週末に色々と出かけたりするようになったので自転車関連記事もたまに書いてます。


当サイト(KONの徒然日記 新館)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

新刊 PICK UP 1月16日~31日
ツイッター始めてみました
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

過去ログ +

2023年 02月 【3件】
2023年 01月 【22件】
2022年 12月 【25件】
2022年 11月 【27件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【22件】
2022年 08月 【26件】
2022年 07月 【26件】
2022年 06月 【21件】
2022年 05月 【26件】
2022年 04月 【23件】
2022年 03月 【26件】
2022年 02月 【25件】
2022年 01月 【27件】
2021年 12月 【29件】
2021年 11月 【27件】
2021年 10月 【26件】
2021年 09月 【23件】
2021年 08月 【37件】
2021年 07月 【39件】
2021年 06月 【38件】
2021年 05月 【28件】
2021年 04月 【35件】
2021年 03月 【49件】
2021年 02月 【31件】
2021年 01月 【35件】
2020年 12月 【38件】
2020年 11月 【40件】
2020年 10月 【36件】
2020年 09月 【38件】
2020年 08月 【38件】
2020年 07月 【40件】
2020年 06月 【40件】
2020年 05月 【39件】
2020年 04月 【39件】
2020年 03月 【48件】
2020年 02月 【41件】
2020年 01月 【32件】
2019年 12月 【39件】
2019年 11月 【35件】
2019年 10月 【43件】
2019年 09月 【41件】
2019年 08月 【43件】
2019年 07月 【34件】
2019年 06月 【41件】
2019年 05月 【37件】
2019年 04月 【45件】
2019年 03月 【39件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【38件】
2018年 11月 【41件】
2018年 10月 【41件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【23件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【42件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【42件】
2016年 11月 【42件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【36件】
2016年 08月 【43件】
2016年 07月 【42件】
2016年 06月 【49件】
2016年 05月 【38件】
2016年 04月 【46件】
2016年 03月 【39件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【43件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【43件】
2015年 10月 【43件】
2015年 09月 【33件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【47件】
2015年 05月 【37件】
2015年 04月 【40件】
2015年 03月 【57件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【38件】
2014年 11月 【34件】
2014年 10月 【40件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【44件】
2014年 06月 【34件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【43件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【22件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【34件】
2013年 06月 【34件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【55件】
2013年 02月 【30件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【35件】
2012年 11月 【44件】
2012年 10月 【33件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【28件】
2012年 07月 【24件】
2012年 06月 【28件】
2012年 05月 【23件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【28件】
2012年 02月 【17件】
2012年 01月 【21件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【19件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【16件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【14件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

ブロとも申請フォーム

魔々ならぬ 1巻 【漫画家志望のフリーター、碌でもない異世界人との遭遇でさらにままならない生活に!?】

2020/05/26 20:36:57 | 電撃コミック | コメント:0件

91uqPrqau7L.jpg


漫画家志望のフリーター・宮永左岸。漫画家を目指して3年が経つが未だ芽が出ずに悩む日々を送っていた。そんな時、魔王と魔術師を名乗る怪しい女性2人と遭遇する。彼女たちが繰り出す魔法を見て描きたいテーマが見つかったと運命の出会いを感じるが部屋に居座る2人は怠惰を貪っていて・・・

漫画家を目指すフリーターの左岸の前に現れた魔王アーバンと魔術師のヴィース、アーバンに戦いを挑む勇者とヴィースはアーバンと供に謎の光に包まれて現代へやってきたとのことでした。漫画家を目指しているものの、自分が何を描きたいのかわからない左岸はこれは絶好のネタになると自分のアパートに住まわせます。しかし、思い描いていたものとは違い、2人の世話に追われて漫画を描くどころではないのでした。

他の作品でも魔王の方が勇者一行よりも常識人だったりすることも多いですがアーバンはまさにそっちですね。アーバンは世話になっているからと家事を手伝ってくれたりするので怠惰を貪っているのは勇者と旅をしていたヴィースだったりします(笑)アーバンもすごむと結構怖いですが・・・

勇者も一緒に現代へ飛ばされたのでひとまず2人は休戦し、勇者を探して元の世界へ戻ろうとします。ヴィースはイケメンだったことくらいしか覚えておらず、大した手がかりはないのですが実は意外と近くにいます。思いっきりニアミスしているのにまったく気づきませんが・・・勇者は何だか普通に現代に溶け込んでいるように見えます。まだチラッとしか出てないので勇者の経緯も明かされていきますかね。

異世界の女神も登場して勇者を探す以外にも3人を現代に召喚した者を探すことになります。その前にアーバン達が使った魔力によって影響を受けた生物を駆除したりもしていくことになります。この女神が口調こそ丁寧ですが言い方が尊大で腹立ちますね(笑)ヴィースはまだ対面してませんが会えば衝突するのは間違いなさそうです。女神は左岸たちに話したこと以外にも何か隠していることがありそうですね。

平凡な日常からありえないほどの非日常を経験していく左岸ですがそれに翻弄されっぱなしで漫画に活かす場面は今の所ありません(笑)魔王、魔術師、女神の中にただひとり紛れ込んだ一般人の左岸は思いっきり場違いですね。果たして現代社会の中で繰り広げられるファンタジーな日々を漫画のネタとして昇華していくことはできるでしょうか。




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/5197-93868caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)