酩酊すみれさん。 1巻




幼い頃から大人になるまで生真面目だけど人見知りでぼっちなすみれさんの唯一の楽しみはお酒を飲むこと。だけど飲んだ後はなぜか記憶が曖昧で…このままではいけないと同僚たちの飲み会に付き合うもやはりぼっちとなってしまうすみれさん。同期で一見リア充の朝比奈くんに絡まれて思い切ってお酒を飲み干すとすみれさんの本性?が現れるのでした。飲んだくれた状態が可愛い時もありますがやっぱり迷惑な酩酊ストーリーです。

お酒を飲むと性格が変わる人もいますがすみれさんの場合は飲んだ銘柄によって性格が変わります(笑)ビールでは男らしく、ウィスキーではドMの奴隷体質、チューハイではキス魔、芋焼酎ではイモっぽい方言女子、泡盛では陽気に…など普段の大人しい性格を発散させるかのように色んな表情を見せます。時には羨ましいハプニングもありますが基本的には酔っ払いは迷惑ですよね(笑)

リア充に見えて実は女性と友達以上になれない朝比奈くんは最初の飲み会で介抱して以来彼女の世話係みたいになっていきます。時折見せるすみれさんの可愛い様子にドキっとするものの酒癖の悪さで吹っ飛んでしまいます(笑)さらにその2人を見て恋の妄想を膨らませる同僚の麗さん(彼女も酒乱)が加わって朝比奈くんの苦労は絶えません。ラストではすみれさんが唯一仲がいい叔父さんの耕ちゃんに飲み会の帰りにおみやげを持っていってあげたら出てきたのは知らない女性で…という感じで続きます。

普段は地味で大人しいすみれさんが痴女になったりするのはちょっと引きますが方言や絡み癖くらいならウエルカムですね(笑)以前会社の上司が酔っぱらって走り回ったりするのを必死で押さえて家も知らないのにタクシーで送っていって…なんてことがあったのを思い出しました…酔っ払いというのは身内でも他人でも迷惑です。すみれさんみたいな人だったら喜んで介抱しますけど(笑)

語尾を伸ばして話したりと少し変わっている麗ですがすみれさんは友達になれて嬉しそうでした。他の同僚には酒の席での失態を見られて引かれてましたけど(笑)朝比奈くんのいう通り近くの居酒屋全部出禁になってもおかしくないレベルの迷惑度ですす。本人はその時の事を覚えてないのがまたタチが悪いですね。時にはお酒で嫌な事を忘れるのもいいですが飲み過ぎには注意です。まぁ、すみれさんは一杯でそうなってしまうんですけど(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment