お前ら全員めんどくさい! 3巻




ボッチの一宮、ビッチな栗原、真面目な榎本の3人の女生徒に好意を持たれて付きまとわれている国彦先生。さらに榎本の姉、史織も加わり増々賑やかになっていきます。今回は女子高生だけに飽き足らず女子中学生まで!?国彦先生の羨ましくも悩ましい日々が続きます。

2巻からの続きで夏休み中に風邪で寝込んでしまった国彦先生のお見舞いに4人が来て看病しますが携帯を忘れた一宮がふと国彦先生に近づくとうなされた先生がいきなり抱きついてきます。それ以上の間違いはありませんでしたが熱にうなされていた先生は夢か現実かあまり覚えてないのでした。後日図書館に来た一宮と何だか気まずい雰囲気です。

夏休み中に学校見学に来ていて迷っている女子中学生に声をかける国彦先生。内気な少女久川響は案内途中に学校や自分の事を楽しげに語る先生に心魅かれます。実は彼女は小雪先生の姪っ子で先生と一緒にお礼に来ます。そして話すのが苦手な響は購買で買った便箋で国彦先生に感謝の気持ちを伝えます。先生じゃないですけどぜひ入学してきて欲しいですね(笑)そうすると5人に囲まれることになりますけど。

実は響が手紙を渡す前に奥手な榎本が史織にハッパをかけられたり、好きな人のためには一所懸命な栗原の姿を見て自分も気持ちを伝えようとラブレターを書いたのですが見事響に先を越されてしまい出させず終いだったのでした。

その栗原と一宮が国彦先生を巡って一触即発な場面となって4巻へと続きます。頭を撫でられてもう1回とおねだりする一宮が可愛いですね。そこに栗原が現れて険悪なムードとなるのですが。先生に言いたいことははっきり口に出しなさいと言われたので先生にベタベタしてくる栗原に止めるように言います。このバトルの行方は…

特別編では1巻、2巻のエピソードのその後が4コマで描かれます。プール編では女子更衣室の出来事も…一宮のツインテールも結構いいですね。本人は面倒くさがって絶対やらなそうですけど。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment