あさひなぐ 15巻




関東大会予選の個人戦、旭は将子を下してベスト8進出!総当たり戦の第1戦目はライバル一堂寧々。勝利への欲を自覚した旭は自分以外を拒絶し孤独と戦いながらコートに立つ寧々とようやく同じ場所へ立つことができました。孤独が自分を強くさせることを証明するために攻め焦る寧々、圧倒的に不利な状況でももう少し戦いたいと諦めない旭が寧々の懐に踏み込みます。果たして勝敗は…一方団体戦では関東大会本選出場を逃してしまいます。不甲斐ない結果に補欠に甘んじていたナギが反旗を翻す…?

旭が入部したての頃を考えるとすでに1年生エースだった寧々と上位入賞をかけて戦うという状況は考えられませんでしたね。勝ってもメンバーに対して文句を言っていた寧々にいきなりビンタをしたりもしましたけど(笑)

勝ちに貪欲になってきた旭をやす子コーチは強いと認める一方で怪我を押してまで試合に出ようとする旭をたしなめます。結果は6位入賞ですが団体戦は出場できず見守るだけしかできませんでした。代わりに出たさくら、文乃は引き分け、真春は当然勝ちますが副将の将子と大将のえりが負けて敗北…3位決定戦では勝てたものの本選出場は逃します。旭に負けてから様子がおかしい将子と大会中、集中できていないえり、ナギは2人を戦犯としてインハイ予選の大会メンバー選抜の部内戦を申し入れます。

合宿では全国のレベルを肌で感じて手応えもあり、万全の状態で大会を迎えた旭たちでしたが結果は振るわずチームも瓦解状態に…そんな時追い打ちをかけるように発したナギの部内戦の申し出、二ツ坂高校薙刀部はどうなってしまうのか!?という感じで続きます。

ナギの言わんとすることもわからんのではないのですが大会中の発言と言い少し鼻につきますよね(笑)本誌ではまだ部内戦が続いてますがやす子コーチがこの結果をちゃんと反映させるのか気になります。やす子コーチは何かとナギに対しては含みがあるような態度を取っている気がするので…。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment