プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。最近は購入本数少なめ。自転車通勤を始めたことをきっかけに週末に色々と出かけたりするようになったので自転車関連記事もたまに書いてます。


当サイト(KONの徒然日記 新館)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

新刊 PICK UP 1月16日~31日
ツイッター始めてみました
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

過去ログ +

2023年 02月 【7件】
2023年 01月 【22件】
2022年 12月 【25件】
2022年 11月 【27件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【22件】
2022年 08月 【26件】
2022年 07月 【26件】
2022年 06月 【21件】
2022年 05月 【26件】
2022年 04月 【23件】
2022年 03月 【26件】
2022年 02月 【25件】
2022年 01月 【27件】
2021年 12月 【29件】
2021年 11月 【27件】
2021年 10月 【26件】
2021年 09月 【23件】
2021年 08月 【37件】
2021年 07月 【39件】
2021年 06月 【38件】
2021年 05月 【28件】
2021年 04月 【35件】
2021年 03月 【49件】
2021年 02月 【31件】
2021年 01月 【35件】
2020年 12月 【38件】
2020年 11月 【40件】
2020年 10月 【36件】
2020年 09月 【38件】
2020年 08月 【38件】
2020年 07月 【40件】
2020年 06月 【40件】
2020年 05月 【39件】
2020年 04月 【39件】
2020年 03月 【48件】
2020年 02月 【41件】
2020年 01月 【32件】
2019年 12月 【39件】
2019年 11月 【35件】
2019年 10月 【43件】
2019年 09月 【41件】
2019年 08月 【43件】
2019年 07月 【34件】
2019年 06月 【41件】
2019年 05月 【37件】
2019年 04月 【45件】
2019年 03月 【39件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【38件】
2018年 11月 【41件】
2018年 10月 【41件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【23件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【42件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【42件】
2016年 11月 【42件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【36件】
2016年 08月 【43件】
2016年 07月 【42件】
2016年 06月 【49件】
2016年 05月 【38件】
2016年 04月 【46件】
2016年 03月 【39件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【43件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【43件】
2015年 10月 【43件】
2015年 09月 【33件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【47件】
2015年 05月 【37件】
2015年 04月 【40件】
2015年 03月 【57件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【38件】
2014年 11月 【34件】
2014年 10月 【40件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【44件】
2014年 06月 【34件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【43件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【22件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【34件】
2013年 06月 【34件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【55件】
2013年 02月 【30件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【35件】
2012年 11月 【44件】
2012年 10月 【33件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【28件】
2012年 07月 【24件】
2012年 06月 【28件】
2012年 05月 【23件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【28件】
2012年 02月 【17件】
2012年 01月 【21件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【19件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【16件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【14件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

ブロとも申請フォーム

軍靴のバルツァー 14巻 【後方攪乱に宣伝戦!バルツァーの思想をトレースする後輩との攻防が始まる!】

2021/09/12 16:34:12 | 新潮社 | コメント:0件

81b2s6orohL.jpg


リープクネヒト達の後方攪乱でヴァイセン軍を混乱させる事に一定の成果を収める。しかし、防衛戦構築に携わる陸軍大臣のバルツァーは戦闘状態による財政難に悩まされる。さらにバーゼルランドと亡命政権の正当性を主張しようと宣伝戦を仕掛けるもバルツァーを徹底研究する士官学校の後輩・ディートバルトは即時対抗策を立てて・・・参謀総長直属の戦術指揮官も動員され、いよいよヴァイセン国との戦いが本格化する!

ヴァイセン軍に偽装して色々と攪乱していたリープクネヒト達は総仕上げに列車の橋を爆破します。火薬を埋め込んだ石炭を混ぜ込んで列車の機関部を破壊するのを笑顔で説明したりと本当イキイキしてますね(笑)彼らの破壊活動のおかげで時間を稼ぐことに成功しますが一方でバルツァーはうなだれています。防衛計画は完璧に立案できたものの、それを実行するための資金が不足しているという現実にぶつかっていました。こちらは戦場ではなくて内にこもって書類とにらめっこしているので逆に陰鬱としています。

財政難についてはフェルディナント皇子がとバーゼルランド大統領のアウグストが外交と内政で調達して何とか解決してくれましたけど。まったく正反対の性格でまさしく水と油ですがそれが功を奏してお互いの得意分野で財政難を乗り切ることができました。ただ、防衛体制は整いつつありますがそのために戦時立法を次々と成立さえてもう引き返せない戦争へと突入していきます。

焦土作戦を取るバーゼルランドに対してその凶行を喧伝するヴァイセン軍、一方バルツァーも記者のアンネリーゼに協力を仰いでヴァイセン軍を悪役に仕立てようとする宣伝戦も展開されていきます。この宣伝戦はヴァイセン軍のディートバルトが一枚上手で遅延作戦は成功したもののヴァイセン軍の正当性が広まられ、周辺国からの協力は得られなくなってしまいます。

さらにヴァイセン軍に参謀総長が自ら乗り込み、直属の独立戦術師団を派遣してきます。次巻では彼らとの戦いへとなっていきそうですが・・・これまでの作風とはかなり違うキャラ達が登場します。ディートバルトもこれまでと毛色が違う感じでしたがそれに輪をかけてキャラのクセが強いですね。

バルツァーは陸軍大臣の座を明け渡し、自ら前線に出て彼らに奇襲攻撃をかけることを告げ・・・という所で次巻へ続きます。やっぱり彼は戦場に出てこそ輝きますね。前半とは打って変わってイキイキしているように見えるのは気のせいでしょうか(笑)後輩・・・といっても面識はないようですがディートバルトとの直接対決も楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/5790-3619b326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)