やさしく!ぐ~るぐる真紀 1巻




「ちゃんと描いてますから!」 の星里もちる先生の新作です。ある日突然狂暴化したぬいぐるみをやさしく退治できるのはぬいぐるみが大好きな真紀だけ!着ぐるみ…ではなくぬいぐるみと一体化して暴れるぬいぐるみをやさしく撃退します。

母親が着ぐるみを作る仕事だからか子供の時のトラウマでぬいぐるみ好きになったみたいですね。捨てられてたぬいぐるみを拾ってあげようとしたら急に暴れだし真紀に襲い掛かりますがそこにアイアンパンチを持つ北村さんに助けられます。ズタズタに切り裂かれたぬいぐるみを見て悲しい気持ちになる真紀。再びぬいぐるみが暴れている場面に遭遇した時は北村さんの勧めによってぬいぐるみと一体化してやさしく倒す力を手に入れるのでした。

最初は乗り気でなかった真紀も段々とノリノリになってきましたね(笑)ちなみにタイトルは変身の時の掛け声で腕時計型のバンドがそれに反応して持っているぬいぐるみと一体化します。音声だけだと勝手に発動してしまうのでポーズもつけますがそれも可愛いです(笑)

何でぬいぐるみが暴れだすのかはまだ謎ですがぬいぐるみ同士が戦う姿はとてもファンシーで癒されますね。効果音の「はふ~ん」もいいです(笑)運動が苦手な真紀ですがぬいぐるみと一体化することで多少運動能力は上がります。でも少し荷物を持っただけで筋肉痛になるぐらい非力な女の子がなることでちょうど暴れたぬいぐるみを壊すことなく無力化できるとのことで真紀はうってつけの人材でした。もちろんぬいぐるみへの愛も必要ですが(笑)

ラストでは変身する姿をぬいぐるみイベントのゲストだったアイドルに見られてしまうところで続きますが彼女も仲間になったりするんですかね。テレビ用かわかりませんがぬいぐるみ好きのようですし。

パペット粒子なるものを発見した花沢博士はドジっ子な真紀をかわいいとこっそり見ていたりしますが直接話すことはしませんね。照れてるだけでしょうか。花沢博士と北村さん、真紀の三角関係?もありそうです。あとは真紀の母親だけしか出てないのも気になりますね。ベタな展開だと敵側にいたりとか…まぁ、今後のストーリー展開はともかくぬいぐるみ同士の戦いというのが星里先生の絵と相まってほのぼのとしていて癒されます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment