プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。最近は購入本数少なめ。自転車通勤を始めたことをきっかけに週末に色々と出かけたりするようになったので自転車関連記事もたまに書いてます。


当サイト(KONの徒然日記 新館)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

新刊 PICK UP 1月16日~31日
ツイッター始めてみました
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

過去ログ +

2023年 02月 【3件】
2023年 01月 【22件】
2022年 12月 【25件】
2022年 11月 【27件】
2022年 10月 【25件】
2022年 09月 【22件】
2022年 08月 【26件】
2022年 07月 【26件】
2022年 06月 【21件】
2022年 05月 【26件】
2022年 04月 【23件】
2022年 03月 【26件】
2022年 02月 【25件】
2022年 01月 【27件】
2021年 12月 【29件】
2021年 11月 【27件】
2021年 10月 【26件】
2021年 09月 【23件】
2021年 08月 【37件】
2021年 07月 【39件】
2021年 06月 【38件】
2021年 05月 【28件】
2021年 04月 【35件】
2021年 03月 【49件】
2021年 02月 【31件】
2021年 01月 【35件】
2020年 12月 【38件】
2020年 11月 【40件】
2020年 10月 【36件】
2020年 09月 【38件】
2020年 08月 【38件】
2020年 07月 【40件】
2020年 06月 【40件】
2020年 05月 【39件】
2020年 04月 【39件】
2020年 03月 【48件】
2020年 02月 【41件】
2020年 01月 【32件】
2019年 12月 【39件】
2019年 11月 【35件】
2019年 10月 【43件】
2019年 09月 【41件】
2019年 08月 【43件】
2019年 07月 【34件】
2019年 06月 【41件】
2019年 05月 【37件】
2019年 04月 【45件】
2019年 03月 【39件】
2019年 02月 【26件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【38件】
2018年 11月 【41件】
2018年 10月 【41件】
2018年 09月 【35件】
2018年 08月 【32件】
2018年 07月 【33件】
2018年 06月 【31件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【23件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【32件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【42件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【42件】
2016年 11月 【42件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【36件】
2016年 08月 【43件】
2016年 07月 【42件】
2016年 06月 【49件】
2016年 05月 【38件】
2016年 04月 【46件】
2016年 03月 【39件】
2016年 02月 【43件】
2016年 01月 【43件】
2015年 12月 【49件】
2015年 11月 【43件】
2015年 10月 【43件】
2015年 09月 【33件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【48件】
2015年 06月 【47件】
2015年 05月 【37件】
2015年 04月 【40件】
2015年 03月 【57件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【38件】
2014年 11月 【34件】
2014年 10月 【40件】
2014年 09月 【40件】
2014年 08月 【25件】
2014年 07月 【44件】
2014年 06月 【34件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【36件】
2014年 03月 【43件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【22件】
2013年 12月 【35件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【34件】
2013年 06月 【34件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【29件】
2013年 03月 【55件】
2013年 02月 【30件】
2013年 01月 【29件】
2012年 12月 【35件】
2012年 11月 【44件】
2012年 10月 【33件】
2012年 09月 【34件】
2012年 08月 【28件】
2012年 07月 【24件】
2012年 06月 【28件】
2012年 05月 【23件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【28件】
2012年 02月 【17件】
2012年 01月 【21件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【19件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【16件】
2011年 07月 【21件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【14件】
2011年 01月 【20件】
2010年 12月 【15件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【6件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【9件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【2件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

ブロとも申請フォーム

河畔の街のセリーヌ 1巻 【君の目にはどう映るのか 君の見たパリの話を】

2022/07/10 17:51:01 | WEBコミック | コメント:0件

71UCpl02K1L.jpg


19世紀フランスのパリ。「月から来たようだ」と称される14歳のセリーヌは先生からの教えで色々な経験をするために上京するがその初日からカフェの仕事をクビになってしまう。しかし、そこで偶然出会った老紳士から様々な職業を体験し、セリーヌから見たパリで働く人々の話を伝える仕事を与えられて・・・大変貌しつつあるパリで自分を見つけようとする少女職業探訪記、開幕!

「エーゲ海を渡る花たち」の日之下あかめ先生の新作です。前作は15世紀のイタリアが舞台でしたが今作では発展著しい19世紀フランスのパリが舞台となります。亡き先生の教えで「多くのことを経験しなさい」と言われた主人公のセリーヌはパリへと上京してきて様々な仕事を体験する・・・という体で当時のパリ風俗が描かれていきます。

お針子さん、メイド、百貨店販売員・・・いきなりカフェをクビになったセリーヌに興味を持った老紳士のルネが自分に代わって彼女が見たパリで働く人々の話を収集して本にするために色々な仕事を紹介してくれます。セリーヌ自身がルネの口添えによって仕事を手伝ったり、それに関わる他の職業の人たちとの交流や当時のパリの様子なども描かれていきます。

感情の起伏があまりないセリーヌは自分が好きなものを聞かれても上手く答えられない14歳の女の子で先生の教えは自分を見つけるという意味が含まれていると思われます。果たして活気に満ちたパリで働く人々と出会っていくセリーヌは自分を見つけられるでしょうか。後には作家として本も出すことが1話から語られてますが・・・やはりルネとの出会いが大きかったんですかね。性格的にも作家のような職業に向いている気がしますけど(笑)

前作同様に絵柄は可愛らしく、当時のパリの情景がスッと入ってきます。あまり表情がないセリーヌも色んな頭身になるのも可愛いです(笑)気のせいかセリーヌのほっぺがどんどん丸くなっているような・・・普段は無表情な事が多いですが犬にびっくりした時の表情も可愛かったですね。

1巻ラストで手伝う仕事は弁護士?これまでは過酷な労働をする人々もいつつ、ほんわかとした雰囲気で描かれていましたが遺書絡みということでドロドロした骨肉の争いとなりそうです。家族が争う姿がセリーヌの目にはどのように映るでしょうか・・・もちろん仕事も綺麗事ばかりではいかないのでセリーヌから見た麗しのパリがどのように描かれていくのか今後が楽しみです。


にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ



  




関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/6065-94d5f785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)