オンリーロンリーヴァンパイア 2巻(完)




吸血鬼の末裔、姫倉純は眷属を作るために人間の学校へ入学しますが誤ってヴァンパイアハンター養成学校に入学してしまうことに。何とか正体がバレないように努めますがある時喉の渇きから委員長の睦の血を吸ってしまいます。吸血鬼であることが学園にバレてしまった純はどうするのか、そしてみんなの反応は…学園ヴァンパイアファンタジー完結巻です。

人間の眷属を作る理由を見るとヴァンパイアハンターを養成する必要がないくらいにヴァンパイア達は平穏に暮らしているみたいですね。静流の時代はともかく今はそういう時代ではないようですが人間側としては容易に受け入れてくれるものではなさそうです。そういう意味ではもう少しヴァンパイアと人間の歩み寄りみたいなのも描いてもよかったと思いますけど2巻で完結は寂しいですね。純のクラスメートを拉致した鏡花も結局人間と仲良くなってましたし鏡花や友達の出番ももっと見たかったです。

静流は人間と仲良くやっている純を見て過去の自分と重ねているためか睦に噛みついた純をかばって自分が犯人のように見せたり、正体がバレて先生たちに捕まりそうになった時に助けてくれたりしてくれます。睦には自分の過去を話したりとこんなに再登場するとは思いませんでした(笑)あとはもうちょっと純と睦のラブコメっぽいのがあればよかったですね。




関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment