プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

新刊 PICK UP 2
過去ログ +

2018年 02月 【22件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【47件】
2016年 04月 【50件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【40件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【40件】
2013年 01月 【36件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【49件】
2012年 10月 【41件】
2012年 09月 【48件】
2012年 08月 【52件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【37件】
2012年 04月 【38件】
2012年 03月 【43件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【45件】
2011年 11月 【31件】
2011年 10月 【40件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【20件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

月が綺麗ですね 1巻

2016/04/18 22:48:00 | 新刊コミック | コメント:0件




これは獣耳の生えた人達が暮らすお話。この國では同性同士の結婚が許されていて箱入り娘のちるは幼い頃に一度会ったきりの婚約者・千里の下へ嫁ぐことになります。おぼろげな記憶しかない相手との結婚に使用人のカヨは心配しますがちるは幼い頃に助けられた記憶だけは鮮烈に覚えていて不思議と不安はありませんでした。初めてだらけの天然お嬢様と真面目で気遣い屋さんな薬師の少女のまったり新婚生活の始まりです。

「小百合さんの妹は天使」 の伊藤ハチ先生が贈るケモ耳少女×百合漫画です。ちるの家は春日財閥という由緒ある家柄ですが千里が1人で営んでいる薬屋は年季の入った古い家でした。父親同士が知り合いで千里の父は亡くなってしまってますが身分違いの婚約など何やら隠された過去があるようです。千里はちるには余計な心配をかけたくないと父の死に関係する過去の事故についてちるには話してません。千里の幼馴染・ハクに少し話を聞きますがちるも千里が話してくれるまではゆっくり待つ事にします。

お嬢様育ちなので料理はもちろん家事全般ができないちるは千里の役に立てないと落ち込みますがちるの笑顔だけでも癒されますね。お菓子を食べ過ぎて大福のようになるのも困りますけど(笑)でも何でもおいしく食べてくれるちるに千里は思わず毎日のようにおみやげを買ってきてしまいます。

日帰り温泉で一緒にお風呂に入った時はちるの女性らしいふっくらとした体に千里は自分と比べて落ち込みます。千里は山道などを歩いたりしているので無駄のないスラッとした体ではあるんですがやはりちるのような体に憧れたりもするんですね。

温泉から帰ってくると千里の妹が来るという電報が届いて2巻へと続きます。その妹はまさか天使だったりしませんよね(笑)お姉ちゃん大好きっ子だったら義姉と義妹のバトルが予想されます。ちるは天然ですからそんな事なさそうですがカヨとはぶつかりそうですね。

初めから新婚生活が始まるのでイチャイチャしっぱなしです。千里には暗い過去もあるようですがちるの笑顔で乗り越えていけそうですね。もともとは同人誌で描いていたものが元となっていて同人誌でまとめていたものも今後単行本となるようですね。伊藤ハチ先生の本がたくさん出ると思ったらそういうことでしたか。

ところでこの世界は別に男性がいないわけではないのでちると千里の逆もありうるということでしょうか…(笑)



月が綺麗ですね1 (百合姫コミックス)
伊藤 ハチ
一迅社 (2016-04-18)
売り上げランキング: 10,781

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/65-6a850da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)