火ノ丸相撲 4巻




ついに鬼丸・潮と元横綱の父を持つ久世が対決!父親から試合に出るのを禁止されていたものの潮と狩谷の試合を見て初めて父親に逆らい試合に出ることを決めた久世。潮やユーマ、國崎の活躍で一躍注目を浴びたダチ高でしたが彼の登場によりいつしか大会は久世中心に回っていきます。アマレス国体王者の國崎を退け、空手で培った突き押しを武器に挑んだユーマも焦ることなく対処する久世はすでに横綱の風格が漂います。そして決勝トーナメント、くじ引きで早々と対戦が実現した潮と久世の勝負の行方は…関東新人大会編が終了して新展開へ!

これまで体格の差を心と技で埋めてきた潮でしたが久世をも上回る心を持ってしてもそれを無情に打ち破る体格差とそれに驕らず真摯に相撲に向き合う久世に最後は力尽きます。体が小さいことを自覚しながらも横綱大和国を超える横綱相撲を目指して努力してきた潮に突き付けられた非情な現実に救いの手が現れた所で5巻へと続きます。

本誌ではすでにそれぞれの個性を生かした特訓が始まっています。女っ気の少ない漫画ですが潮が出稽古に出かけた相撲部屋に見学に来ていた女子高生がいましたね。これまでレイナと記者のお姉さんと個性的なキャラばかりだったので関西弁で控えめな女子というのがとても新鮮です(笑)5巻ではまだ登場しませんかね。

今月はワンピース、ブリーチ、ヒーローアカデミアなどジャンプ作品が大量に入荷する中で火ノ丸相撲の扱いの少なさが…競技は違いましたが学生時代にやっぱり体格の違いで苦渋を舐める事が多かっただけに潮に共感しちゃうんですけどね~さすがに潮のように堂々と自分の信じる道を進むというのは難しくて狩谷のように小さいながらも自分の生きる道を探す方が多いと思いますけど。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment