すみっこプリマ 2巻(完)




ライバル小川中との練習試合に交代で初デビューするボタン。試合自体は惜敗するものの相手チームの切り札サヌキとも打ち解けます。フットサル部のメンバーとも打ち解けて明るくなってきたボタンを見てホッとする母サクラですがそんな時にボタンをバレエに復帰させるという話が持ち込まれます。決断を迫られるボタン、彼女が選んだ選択とは…

2巻で終わりとは寂しいですね~練習試合の続きやまだ未紹介だったサブのキーパーモモの回が終わってからは最終回に向けてストーリーが進みます。そういえばまだハナ以外はボタンがバレエをやっていたことは知らなかったんでしたっけ。ハナの家に行った時にハナと祖母は気づいてましたがワケありと気づいて黙ってました。祖母の方は復帰に動いていたようですが。ボタンもバレエに戻りたいという気持ちがある一方でフットサルのみんなと会えなくなるという葛藤から悩みます。

優等生なボタンですが料理がまったくダメなのは意外でしたね。でもそこがまた可愛いです。逆にタンゴは実家が魚屋のため家事を手伝ったりするので上手いという(笑)タンゴの筋肉好きもあまり生きないままでしたかね~また新作に期待してます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment