たのしいたのしいぼくらののみかい 1巻




男子大学生たちがただただアパートに集まって飲むだけを描いたルーツ先生の新作です。男同士の宅飲みの実態がここに…

お酒自体があまり飲めないので学生時代もそんなに飲みに行ったわけではないですがたまに一人暮らしをしている友人の家で鍋をやったり、酒とつまみを買って宅飲みしたりしましたね。お店のように色々食べれるわけではないですが何より安いしそれなりに楽しめるんですよね。

「自分がツインテールの…」 でもよく仕事しながら飲んでたりしてましたがその土台はこの漫画の元となった学生時代の記憶があるようですね。ビールと発泡酒の味の違いはよく分からない、Barは敷居が高くて入れない、BBQをやりたくてアパートのベランダにコンロを置いて酒盛りを始めると酒を飲めるようになって少し大人になった気もするけどやることは学生のノリという感じです。

これまでは女の子が中心の作品が主でしたが初めて男だけの話でしたね。絵の感じも頭身は高めでデフォルメされておらず普通の男子学生を描いています。描き下ろしにはいつもの絵柄で女体化4コマになってましたが(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment