ゴールデンカムイ 1、2巻

    



1巻が発売された時はスルーしていたのですが2巻のアイヌっ娘を見て俄然読みたくなって1巻から買いました(笑)

日露戦争中「不死身の杉元」と恐れられた杉元佐一。除隊後はある目的のためゴールドラッシュに沸いた北海道で一攫千金を狙う。そこで知り合った人物から杉元は自然と共に生きるアイヌが隠したという莫大な埋蔵金の話を聞きつける。人食い熊との遭遇、アイヌの娘アシリパとエゾ狼との出会い、同じように埋蔵金を狙う凶悪死刑囚集団や陸軍最強と謳われる第七師団も現れて杉元とアシリパは黄金を巡る生存戦争へ巻き込まれて行く。

物語自体はシリアスで大自然とそこに生息する生き物達との戦いや杉元と同じようにアイヌの埋蔵金を狙う輩との戦いが描かれます。しかし、その合間に捕えた獲物を料理するシーンがあったりして和みます。杉元の解説が少しわざとらしい気もしますけど(笑)狩った獲物は全ておいしくいただくというアイヌの習わしからアシリパに睨まれながら脳みそや目玉を杉元は食らいます。動物を見るとよだれをたらしながら獲物を狙うアシリパが可愛いですね。他にもお仕置き棒で杉元を殴ったりといいコンビです。

2巻では死刑囚の中に箱館で死んだとされていた土方歳三の姿も!?日露戦争後ということですから30年以上経っているのでさすがにもう老人ですが剣の腕前はまだまだ衰えていないようです。埋蔵金を手に入れるために第七師団とぶつかることも厭いません。その目的はまだ謎ですが明治政府に対抗しようとしたり考えたりしてるのでしょうか…



ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2015-01-19)
売り上げランキング: 3,331
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2015-02-19)
売り上げランキング: 4,724


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment