火ノ丸相撲 3巻





関東新人大会開始!部員が5人になってようやく部活の体をなしてきたダチ高相撲部。元アマレス国体チャンピオンのチヒロは即戦力となる実力の持ち主ですがもう一人の蛍は潮の雄々しさに憧れて入ったものの運動経験は皆無ということで初日の練習からついていけません。せっかく揃ったメンバーを辞めさせたくないと気を遣う部長ですが…

そして今年入部した部員が出場資格を有する新人大会では部長以外のメンバーが個人戦で出場します。その中には団体戦の時に出会った横綱大和国の息子、久世草介と中量級横綱の狩谷もいました。久世は過去に対戦相手を怪我させてしまったため大会に出ることをためらっていましたが潮と狩谷の対戦を見てついに土俵に上がる決意をします。順調に勝ち進むダチ高のチヒロ、ユーマに国宝、草薙が立ちはだかります。

脇役の中では抜群の登場率を誇る大河内君も大活躍です(笑)次は誰のかませ犬になるか楽しみですね。チヒロは別の競技とはいえ頂点を獲った男ですから県代表も苦にしませんでした。久世との試合も完璧に負けはしたものの前向きな姿勢が好感を持てますね。

本誌にはついに監督登場!?な展開でしたが3巻で何気に潮が電話してました。ということは結構前から伏線が張ってあったんですね。巷では人気がなくて自分の周りでもなかなか評価してくれませんが僕は応援してます!カバーそでのコメントに書いてありましたが大相撲の懸賞幕に火ノ丸相撲の幕が土俵を回ったそうです。これを機に大相撲人気も再燃しませんかね~とりあえず日本人力士に頑張って欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment