グラゼニ 17巻(完) グラゼニ ~東京ドーム編~ 1巻

          


グラゼニ完結!そして凡田は新たなステージへ…ブルーソックスのキャンプ紅白戦でB・Lからアドバイスを受けた曲がりすぎるカーブでメジャーの打者を打ち取る凡田はオープン戦ではA組に大抜擢!8回を凡田、9回をコージで締めるパターンを確立します。このままいけばメジャー契約も近づいてきたと思っていましたが…

凡田の解雇は実力があってもチーム事情やそれ以外の様々な事で解雇になってしまうこともあるという日本の野球よりさらに複雑なメジャーリーグの一側面が垣間見えます。しかもそれには凡田の代理人、ダーティ桜塚が絡んでいました。解雇ということで他のメジャーチームからオファーを待つ事もできますが日本に戻る選択もあってその中で1チーム凡田を獲りたいというチームがありました。そのチームとは…(表紙とタイトルでバレバレですが(笑))

実際は北王子監督率いるワイルドワンズからもオファーがありましたがダーティさんの裏取引やユキちゃんとの事もあって東京が本拠地の文京モップスへと入団になります。東京ドームのグランドには銭が埋まっているのか!?

文京モップスのモデルチームは言わずもがな球界の盟主、読売ジャイアンツなわけですが漫画内でもその巨大戦力ぶりがうかがえます。凡田以外にもいいセットアッパーがいて去年の成績は凡田の方がいいものの年棒では一億超えしています。以前入来が出した本を少し読んだのですが彼くらいでもまったく油断できずいつ落とされるかというプレッシャーとも戦っていたそうです。そんな中で小心者の凡田がどれだけやっていけるかというのが少し心配ですね。本誌の方ではすでにピンチを迎えていますけど…



グラゼニ(17) (モーニングコミックス)
講談社 (2015-01-23)
売り上げランキング: 1,956
 
グラゼニ~東京ドーム編~(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2015-01-23)
売り上げランキング: 1,982


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment