シンメトリーズ 1巻


 
 
「ペコロス」のシバユウスケ先生が電撃コミックで連載している双子姉妹のお話です。双子というとシンクロニシティと言われる不思議な能力があると言われますが主人公の夢と美久はもっと不思議な能力を持っていました。その能力と関係してくるかはわかりませんが新入生として新聞部のある高校へ入学する所から始まります。幼馴染で先輩の淳、夢達と同中で同じく双子の晶子と幹奈など個性豊かな生徒達にも囲まれて正義の報道を目指します。
 
双子ということで最初は髪の分かれ目で判断してましたがクラスメートが髪型を変えてくれて後ろでまとめているのが美久ということになりました。肉体労働担当で考えるより行動の夢と写真撮影担当で穏やかだけど意外と腹黒、スイーツに目がない美久と双子ながら性格は正反対ですね。そんな2人の能力は人格を入れ替えることでそれによって巷で起きる小さな事件の解決に導いたりします。大体は悪ふざけで変えたりするだけですけど(笑)淳にはみだりに入れ替わるなと釘を刺されますがその辺を心配している所が新聞部での活動や報道部との確執なんかが関係してくるんですかね。1巻では今の所ほのぼのとした日常がメインですけど。
 
相変わらず登場する女の子が可愛いです。夢は普段女の子らしくないですがふとしたことで生徒のパンツの色アンケートで報道部と対決する時は恥じらったりするのが可愛いです。一方美久は自分を手錠で繋いで夢の体に入れ替わって自分の繋がれている姿を見て高揚を覚えたりします(笑)しっかり者の美久がお姉さんかと思いきや夢が一応姉というのが驚きですね。クラスメート達もまだ少ししか登場してませんが今後話に絡んでくるのを期待してます。
 
ペコロスがわりとすぐに終わってしまって残念でしたがまた新作に出会えてよかったです。まだどんな展開になっていくかは分かりませんがペコロス以上に続けばいいなぁ…
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment