小百合さんの妹は天使 1巻


 
 
親元を出て花屋で働いている小百合。父親は離婚して妹とは離ればなれとなっています。自分を地味で花ではなく周りの雑草だと卑下する小百合はふと幼い妹と一緒に遊んだ公園で昔を思い出します。するとそこで13年ぶりに妹の美琴と再会するのですが彼女は何と天使になっていました!比喩ではなく文字通りの意味で(笑)小百合とコイビトになるという幼い頃の約束を叶えるために文字通り飛んできた琴美はそのまま押しかけて同居生活をすることに。可愛い妹の積極的なスキンシップにドキドキの連続ですが小百合のこれまでの地味な人生を一変させてくれるのでしょうか。
 
タイトルを見た時は〇〇ちゃんマジ天使的な意味の使い方かと思いましたが実際にマジ天使になっていたとは思いませんでした(笑)その辺はなぜなのかよくわかりませんが今後解明していくのかどうか…ただ、琴美の明るい性格で現在は姉妹のキャッキャウフフの百合模様が楽しめますが結構重い過去を持ってそうな感じなので1巻ラストからの続きが楽しみです。両親が離婚というだけでもアレですが母親とも連絡を取ってないとなると色々ありそうですね。
 
花屋の店長も言ってましたが小百合自身も特別オシャレにしなくても少し変えるだけで全然可愛くなるんですけどね。本人はすでに諦めているようでまったく関心がありません。琴美が来てからは少しずつ変わってきそうですがそれで男が寄りついても琴美が怖そうです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment