最強少女さゆり 3巻


 
 
 
前回の続きで再びバッティングセンターじじいと彼が作ったメカ、タマちゃんがさゆりへの復讐に燃えます。初登場時のインパクトでボールが嫌いになってしまったさゆりは怯えてしまったためバニーとリコスがコンビを組んでタマちゃんに挑みます。そしてバニー達以外にさゆりの事を嗅ぎまわっている異星人の存在は…バニーの意外な性格も明らかになる3巻です。
 
最初の頃はエリート意識バリバリで厳しい態度だったバニーですがさゆり達と暮らしていくうちに本来の性格が明らかになってきました。普段はリコスの事は呼び捨てだったりしますが実は狼さんと言っていたり、子供アニメに密かに夢中だったりと本来はお嬢様という感じなキャラだったんですね。これまでの行動を見ていると少し違和感を覚えなくもないですがさゆりに対してはすっかりお母さん的な立場で可愛いです。リコスとさゆりとバニーで買い物している姿は見かけはどうあれ家族ですね。
 
さゆりを調査している異星人のインリンはバニーとは違って遺産調査団の所属で2人が来る前から地球に調査に来ていたようです。さゆりには正体がバレるものの何もわからないさゆりには2人だけの秘密ということで事なきを得ます。最初は凶悪な少女と認識していたインリンですが無邪気なさゆりに情が移り、逆にリコス達がさゆりを唆しているとみるようになります(笑)おでこを出しているのが特徴ですがさゆりにバレないように髪の毛をおろした姿が意外と可愛かったです。
 
さゆりはバニーの抱っこなら安心して眠るようになりましたが彼女以外だと大気が揺れるほどにぐずりだします(笑)納得のいかないリコスがもう一度抱っこさせるように言い争う姿はすっかり夫婦ですよね。依然として宇宙警察やインリンらの団体から狙われるようになるさゆりですがリコスとバニーが今後どういう行動に出るかが楽しみです。


最強少女さゆり 3 (少年チャンピオン・コミックス)
福田やすひろ
秋田書店 (2015-01-08)
売り上げランキング: 146,441

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment