アオイホノオ 13巻


 
 
小学館新人コミック大賞に応募した焔の原稿は以前持ち込みに行った時に見てもらった編集者の目に留まって無残にもナシの方向に。しかし、そんな焔の原稿に救いの手が…!?一方SF大会でDAICON3の公開が大成功に終わった岡田らスタッフ達は感動に沸き立ちますが借金も残ってしまいます。そこで岡田の取った手段とは…
 
焔の原稿を救った新人編集者の三上さんを見ると「吼えろペン」に登場するキャラにモデルがいるというのがわかりますね(笑)彼が島本先生を引き上げた人なんでしょうか。嘘か本当か分かりませんが大学の課題で作った映画のセリフを使わせてもらったらそれが目に留まって首の皮一枚つながった焔ですが何にせよ一次選考は通りました。その続きはまた次巻へとなります。
 
というか庵野達の話やうる星やつらのアニメの話、銀河鉄道999の最終話、タッチの話なども同時進行で進むのでなかなか話が進みませんね(笑)タッチなんかはコミックで読んだので懐かしいですけど。確かに週刊で読んでいたらタッちゃんの不甲斐なさにヤキモキするかもしれないですね(笑)
 
庵野の推薦で岡田達のスタッフ候補に名前の挙がった焔でしたが思わぬ部分でなしとなりました。これも本当かどうかわかりませんがもし参加してたらどうなっていたんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment