鈴木さんの鈴木くん 2巻(完)


 
 
鈴木の氏神、鈴木一郎が手にした十種神宝を巡って1巻ラストに現れた金髪幼女、安倍セイレーンや渡辺、田中の氏神らの勢力争いに巻き込まれたミサ。その最中に一郎は十種神宝をミサのために使う事を明かしますが渡辺の氏神、つなみに奪われ一郎は大怪我を負います。一郎の姉により鈴木の氏神となった一郎の経緯とミサに対する想いが分かったミサは十種神宝の奪取を決意します。氏神たちが狙う宝の力とは…苗字にまつわる氏神コメディ完結です。
 
みやびあきの先生の新作だったんですけど2巻で完結とは寂しいですね~でもすでに新しい漫画も描いているそうなのでそちらの単行本化を楽しみに待っています。終わり方としては綺麗だったと思いますが2巻の初っ端から急速に話が進展していった感はありましたね(笑)セイレーンちゃんの出番がもっと見たかった・・・
 
山田花は最初から強烈なキャラでしたが2巻でも主人公のミサをよりも目立って活躍していました(笑)もののけ姫みたいな恰好で山ガールと言われても…でもなぜか憎めないキャラでした。
 
みやび先生が大好きな眼鏡っ子キャラ、田中A子は思わせぶりな登場なわりに大した活躍はできなかったですね。というか田中姓の人を敵に回しかねない発言もあったりしましたけど(笑)
 
個人的には十種神宝を奪い合う展開よりは乃々香が出てきた辺りのようにドタバタやっていた方が好きでした。セイレーンもその中でいじられたりとか…掲載誌の方針とかがあったんですかね。何はともあれ今はまんがタイムきららフォワードの方に専念しているようなのでそちらの発売を待ってます!
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment