蒼き鋼のアルペジオ 10巻


 
 
9巻で初登場のアシガラが記念すべき二桁巻の初っ端で表紙デビュー!(笑)イオナ達にコテンパンにやられたとはいえアホ可愛さで人気だったようですからね。今回はその性格が役に立つことも…?劇場版では霧の生徒会こと黒の艦隊も参戦のようなのでアシガラの声がどんな感じになるか楽しみです(笑)カバー横にあるヤマトへ宛てたイ400、402のアシガラに対する報告書がまた笑えます。
 
本編では前巻の続きでイオナ達は黒の艦隊を引きつけて手薄になった旗艦コンゴウに奇襲をかけます。そこには旗艦艤装をしたコンゴウの姿が…一方白鯨と合流した群像とヒュウガは振動魚雷のデータを渡します。その最中、前回霧の艦隊同士での戦いに介入した白鯨に対して東洋艦隊から離脱したレパルスの僚艦、ヴァンパイアが接触を求めてきます。果たしてその意図は…?
 
コンゴウはアニメ版のラストを思わせるような大改修でメンタルモデルの装いも変わってました。その能力は自分の艦隊を呼び寄せる事ができるようです。ヒュウガの姉妹艦イセも現れるだろうとヒュウガが言いますが何か思わせぶりな感じですね。
 
白鯨の駒城艦長らに接触を求めてきたヴァンパイアはレパルスから演算能力の4分の1を貸し与えられてメンタルモデルを形成してました。その姿はレパルス同様メイド服の少女です。駆逐艦程度の演算能力からか元からの性格からかメンタルモデルの姿では色々と行動や発言が面白いです。レパルスの親書には何が書かれていたのか…それはまた後ほどのようです。
 
ナガトの艦隊から派遣されてきたタカオの姉妹艦アタゴ。強襲するイオナ達からコンゴウを守って撃沈されるアシガラの願いを聞いてイオナへ攻撃をしかけます。イオナもアタゴは黒の艦隊ではないから参戦はしてこないと踏んでいたようですが霧の艦隊も少しずつ柔軟さが出てきます。タカオを誑かしたイ401に恨みを持っているようですがタカオと再会、群像と出会ったらどうなるか気になりますね(笑)姉妹で群像を取り合うなんて展開には…ならないかな。表紙裏では黒の生徒会の腕章をアタゴに付けさせようとしているアシガラの姿も。この2人は結構いいコンビかもしれません。
 
来年早々の映画も楽しみですね~黒の艦隊ではヒエイの声は決まっているようです。他のメンバーはまだ詳細が出てないのですがまさかヒエイのみということはないですよね…
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment